相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

相続により承継した連帯保証債務

2014/04/15

関連キーワード:

相続税は被相続人の財産から債務を控除した金額を基に相続税の計算を行います。

この被相続人の財産から控除することが出来る債務については、相続税法第14条<控除すべき債務>第1項において、「確実と認められるもの」と規定されています。

では被相続人が連帯保証人になっていたことにより保証債務を引き継いだ場合にはどうでしょうか。

債務は「確実と認められるものに限る。」と規定しているところから、保証債務については、原則として「確実と認められるもの」に該当しないと考えられます。

しかし、相続開始の時点を基準として、
①主たる債務者がその債務を弁済することができないため、保証人がその債務を履行しなければならず、
②主たる債務者に求償しても補填を受ける見込みがないことが客観的に認められる場合 には、「確実と認められるもの」に当たると考えらます。

①の保証人がその債務を履行しなければならない状況とは、主たる債務者が債務の履行を遅延した場合に金融機関等に対して債務の履行を行わなければならない状況が生じている状態となります。

①の債務の履行をしなければいけない状況が生じた場合に、②の主たる債務者に求償しても補填を受ける見込みがないことを客観的に明らかにする必要がありますが、これは単に主たる債務者が債務の履行を行わなかったというだけでは認められるものではなく、主たる債務者の財産状態、信用能力を客観的に判断し主たる債務者から支払いを受けることが可能であるか否かについても判断する必要があります。

従って、単純に被相続人が保証人となっており相続により保証債務を引き継いだことにより連帯保証を行う義務が潜在的に存在する場合はもちろん、保証人としてその債務を履行しなければならない状態の時点において相続が発生した場合であっても、主たる債務者が客観的にみて求償権を支払える状態であった場合には債務控除を行うのは難しいと考えられます。

相続により承継した連帯保証債務

【次の記事】:生命保険金は遺産分割協議の対象となるか

【前の記事】:農業用施設用地の評価

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る