年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

小規模宅地の特例の見直しと経過措置

2018/03/27

関連キーワード:

小規模宅地の特例の見直しと経過措置

家なき子特例の見直しと経過措置

〔1〕現行要件

被相続人に、配偶者(別居を含む)と同居している相続人がいない場合、被相続人の居住の用に供されていた宅地等を別居の親族が取得した場合でも相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者の所有する家屋に居住したことがなく、かつ相続税の申告期限までその宅地等を有している場合には、宅地等の評価額から、限度面積330㎡の範囲で80%減額することができます。

〔2〕見直し内容

対象者の範囲から次に掲げる者を除外することとされます。

  1. 相続開始前3年以内に、その者の3親等内の親族又はその者と特別の関係のある法人が所有する国内にある家屋に居住したことがある者
  2. 相続開始時において居住の用に供していた家屋を過去に所有していたことがある者

〔3〕適用開始時期

平成30年4月1日以後に相続又は遺贈により取得する宅地等に係る相続税については、見直し後の要件も満たす必要があります。

〔4〕経過措置

平成30年4月1日から平成32年3月31日までに相続又は遺贈により取得する場合には、平成30年3月31日時点において現行の要件を満たしていれば、見直し後の要件を満たしているものとする経過措置が手当されます。ただし、平成30年4月1日から相続開始日までに要件を満たさないこととなった場合は特例が受けれないので注意が必要となります。

貸付事業用宅地等の見直しと経過措置

〔1〕現行要件

被相続人等が貸付事業の用に供していた宅地等を取得した親族が、相続税の申告期限までに事業継続及び保有していた場合には、宅地等の評価額から、限度面積200㎡の範囲で50%減額することができます。

〔2〕見直し内容

貸付事業用宅地等の範囲から、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等(相続開始前3年を超えて事業的規模※で貸付事業を行っている者が当該貸付事業の用に供しているものを除く。) を除外することとされます。

事業的規模とは所得税の基準(5棟10室)により判断することになるのではないかと思われます。

〔3〕適用開始時期

平成30年4月1日以後に相続又は遺贈により取得する宅地等に係る相続税については、見直し後の要件も満たす必要があります。

〔4〕経過措置

平成30年3月31日までに貸付事業の用に供された宅地等については見直し後の要件を満たしているものとする経過措置が手当されます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:介護医療院と小規模宅地特例

【前の記事】:中小承継施行規則の一部を改正する省令について意見募集

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る