相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

路線価地域の土地の評価

2010/05/09

関連キーワード:

路線価とは、道路に面している標準的な宅地の1㎡当たりの価額(千円単位)で、相続税の土地の評価をする際に使います。 路線価の付された地域の宅地を評価する場合には、評価する宅地の面する路線の路線価を使用します。路線価を評価する土地の面積に掛ければ、大雑把な評価額が出ます。

ただ、土地の形や道路付けにより次のような補正が加わります。

路線価より高めになる要因

  • 1.側方路線影響加算 角地で正面路線以外に接道している土地の補正
  • 2.二方路線影響加算 正面・裏面の2方向が接道している土地の補正。

路線価から減額できる要因

  • 1.奥行価格補正 奥行の短長による補正
  • 2.間口狭小補正 間口が狭い土地の補正
  • 3.奥行長大補正率 間口に比べて奥行が長大な土地の補正
  • 4.がけ地補正率 がけ地のある土地の補正
  • 5.不整形地補正率 形状が不整形な土地の補正
  • 6.無道路地補正率 道路に面していない土地。

この他、セットバックが必要な土地や一部が道路となっている土地、広大地、容積率の異なる2以上の地域にわたる土地等、路線価に様々な要因を加味して評価します。

土地の形状がいびつな場合等は評価額が大きく下がることがありますので、正確な評価を行う必要がある際には、専門家にご相談ください。

税理士法人チェスターでは、基本的には土地の現地調査を行い、正確にかつ相続税評価額を下げれるよう土地の評価を行っています。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:税務署からのお尋ね~不動産購入・新築

【前の記事】:贈与税非課税枠さらに拡大~住宅取得資金の贈与~

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る