年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

税務署からのお尋ね~相続があった場合

2010/05/31

関連キーワード:

相続が発生すると、その数ヵ月後に被相続人の親族に「相続についてのお尋ね」という書類が届くことがあります。

お尋ねの書類には、きちんと回答した方がいいでしょう。

税務署は、死亡した人・死亡した人の親族関係・相続財産を把握しています。

相続財産については、過去の申告・不動産の所有・生命保険金の支払・死亡した人の預貯金から、大体の相続財産状況を把握できる立場にあります。税務署は、相続財産のほとんどを、調査できる権限があるのです。

回答内容だけで相続税額が確定されることはありません。なお、回答内容と税務署が把握している情報からして明らかに課税されない場合は、回答だけで済むこともあります。

「お尋ね」を無視して、相続税申告もしないでいると、申告が必要だった場合に不利になることあります。

「お尋ね」がきて、ご不安な場合は税理士にご相談下さい。

【次の記事】:配偶者への居住用財産の贈与

【前の記事】:税務署からのお尋ね~不動産購入・新築

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る