相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

相続財産等の評価上の邦貨換算について

2011/01/23

関連キーワード:

被相続人が海外に住宅を所有していたり、外貨建預金口座を持っていたり、また、相続人が海外在住している場合等、相続発生時点において、個々に様々な状況の場合があります。
そこで、相続財産や外貨建債務の評価において、邦貨換算の方法が設けられています。

①国外財産及び外貨建財産の邦貨換算

■ 原則
課税時期における対顧客直物電信買相場(Telegraphic Transfer Buying Rate)により換算

■ 課税時期にこの相場がない場合
課税時期前の対顧客直物電信買相場のうち、課税時期に最も近い日の対顧客直物電信買相場により換算する。

②外貨建債務の邦貨換算

■ 原則
課税時期における対顧客直物電信売相場(Telegraphic Transfer Selling Rate)により換算

■ 課税時期にこの相場がない場合
課税時期前の対顧客直物電信売相場のうち、課税時期に最も近い日の対顧客直物電信売相場により換算する。
※債務の邦貨換算の考え方としては、一旦、円を売って外貨に換えて債務を返済するので、銀行(外貨を売る側)からみたレートで換算する、という意味があります。

【次の記事】:セットバックと相続税評価

【前の記事】:一般開放されている空地でも評価減の対象にはならない??

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る