年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

セットバックと相続税評価

2011/01/30

関連キーワード:

建築基準法42-2の規定されている道路(通称、二項道路ともいう。)の場合は、道路の中心線から左右に2mずつ後退した線が道路の境界線と考えます。この後退した部分には、新しく建物を建てることはできず、今すでに建っている建物を将来に増改築する場合にも同様に制限を受けるのです。このセットバックが建築基準法に規定されたのは、昭和25年のことです。ところが、相続財産評価の際に参考とされる財産評価基本通達にセットバックの減額規定が反映されたのは、平成5年と建築基準法よりも40年も経ってからでした。

このことから、建築基準法と財産評価基本通達との間には、現実面でのギャップがあることがわかります。

詳しくは、税理士法人チェスターにお問い合わせください。

【次の記事】:平成23年税制改正に伴う相続税対策

【前の記事】:相続財産等の評価上の邦貨換算について

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る