相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

固定資産の交換の特例について

2011/02/27

関連キーワード:

固定資産である土地・借地権・耕作権又は建物を、これらと同種の資産と交換し、その交換により取得した資産を、交換により譲渡した資産の交換直前の用途と同じ用途に使用した場合で、交換により譲渡した資産の時価と交換により取得した資産の時価との差額がこれらの時価のうち多いほうの金額の20%以内であるときは、交換により取得した交換差金などについてだけ、譲渡所得として課税され、交換差金などを取得しない場合には、課税されません。

交換により譲渡した資産の時価と交換により取得した資産の時価との差額がこれらの時価のうち、多い方の金額の20%を超えるときは、交換により譲渡した資産の全体について課税されます。

「交換」と「売買」の違いは、両当事者の債務が、ともに金銭以外の財産権の移転を目的とするところにあります。

【適用要件】

  • ⅰ 交換譲渡資産と交換取得資産は、土地・建物の各グループに属する同種の固定資産であること
  • ⅱ それぞれの資産の所有者が、いずれも1年以上所有していた固定資産であること
  • ⅲ 相手方の固定資産は、交換のために取得した資産でないこと
  • ⅳ 交換譲渡資産の時価と交換取得資産の時価の差額は、これらの時価のうち多い方の金額の20%以内であること
  • ⅴ 交換取得資産を交換譲渡資産の交換直前の用途と同一の用途に供すること

また、相続における論点の一つとして、遺産分割における代償分割は、この規定の適用上、交換として取り扱うことはできません。しかし、相続人の共有とした資産の持分を遺産分割後に他の相続人の固有資産と交換することは、遺産代償分割とは区別され、交換に該当し、上記の適用要件を満たせば、固定資産の交換の特例の適用を受けることができます。

【次の記事】:相続があった場合の被相続人に係る確定申告書 (準確定申告書) の提出期限について

【前の記事】:相続人に障害者がいる場合(障害者控除)

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る