相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

相続人の権利・義務

2011/06/06

関連キーワード:

相続が発生すると、被相続人の財産は、一旦、相続人全員の共有になります。従って、相続財産を相続人の一人が勝手に処分したり売却したりすることは、原則として出来ません。

預貯金についても、金融機関に正式な相続手続きをするまでは引き出せなくなってしまいます。そのため、誰がどの財産を相続するのかを相続人全員で話し合い、遺産分割協議書にして証拠を残すことが大切です。

また、相続人は、土地や預貯金などのプラスの財産だけではなく、被相続人の借金を負っていたり、被相続人が第三者である誰かの保証人になっていたりすると、その借金や保証人の立場も、引き継がなければならない事になります。

ちなみに、マイナスの財産は、プラスの財産とは異なり、相続人間で負担割合を決めたとしても、相続分に応じて自動的に相続されしまうため、債権者に相続人間で決めた負担割合の主張は出来ず、債権者は相続分に応じた分までを相続人に請求が出来てしまうので、注意が必要です。

しかし、協議して決めた負担割合以上の債務返済を、債権者から請求されてしまった場合、共同相続人間においては、協議して決められた負担割合が有効ですので、負担割合以上の債務返済をした相続人は、本来の負担者である相続人に請求することができます。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:暦年贈与と相続時精算課税制度との有利判定

【前の記事】:相続があった場合の消費税の納税義務の判定について

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る