年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

信用金庫等への出資金の評価について

2011/09/20

関連キーワード:

被相続人が信用金庫等への出資を行っていた場合について、その出資金の相続財産としての評価は、原則として、「払込済の出資金額」によって評価します。

財産評価基本通達194から196では、協業組合への出資、信用金庫・信用組合への出資、農業組合法人への出資と、その事業形態に応じて、それぞれに分けられこらむて規定されています。

なお、協業組合の出資については、会社としての要素を多く含んでおり、持分会社に近似しているとのことですが、各組合員の議決権は平等であり、出資金額と議決権は、直接関係しないことから、非上場株式の評価をする際の算式等は、適用しないことになっています。

【次の記事】:相続税の納税義務者

【前の記事】:路線価評価のしくみ

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る