年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

1棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合について

2011/12/19

関連キーワード:

今回は、小規模宅地等の特例について触れてみたいと思います。

一棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合には、特例の適用はどうなるのでしょうか?

この場合ですが、平成22年4月に行われた改正前までは、1棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合には、その1棟の家屋の敷地の用に供されていた宅地等のうち、被相続人等の居住の用及び事業の用以外の用に供されていた部分についても、特例の対象となり、その敷地全体が特定居住用宅地に該当するとされていました。

しかし、平成22年4月改正により、この規定が削除されることとなりました。この改正により、一棟の家屋の一部が特定居住用等の要件を満たす部分である場合には、その家屋の敷地のうち、その部分に対応する面積を、家屋の床面積で按分して算出し、この規定の適用を受けることとなります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:自社株式の株価対策③

【前の記事】:ディスカウント債の評価方法について

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る