相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

自社株式の株価対策③

2011/12/26

関連キーワード:

非上場株式の株価引き下げ策の第三弾です。今回も前回に引き続き類似業種比準価額を下げる方法を検討します。

前回は、利益を圧縮すると株価が下げられると記載しましたが、配当に関しても同じことが言えます。

すなわち、配当を少なくするか又は無配とすれば、株価を下げることができます。

配当は、利益と比べ株価引下げのインパクトは小さいですが、利益と異なり比較的事前にコントロールし安く株価対策には有効です。

なお、他の2つの比準要素(利益及び純資産)がゼロ以下ないのであれば、配当を少なくしたり無配とした方が評価は下がりますが、他の比準要素がゼロ以下ならば配当をしなかった場合、比準要素ゼロ又は1の会社に該当してしまい、逆に高く評価されることもあるので注意が必要です。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【次の記事】:従業員に金銭を貸付けしたとき

【前の記事】:1棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合について

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る