相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

従業員に金銭を貸付けしたとき

2012/01/05

関連キーワード:

従業員に対して、会社が金銭を貸付けた場合には、災害・病気等により臨時的に多額の生活資金が必要になった場合を除き、従業員が銀行から金銭を借り入れした場合と同じように、利息を課さなければいけません。

しかし、会社が従業員に無利子又は、貸付けを行った日の属する年の前年の11月30日を経過する時における公定歩合(「日本銀行法第15条第1項第1号の規定により定められる商業手形の基準割引率。」以下同じ)に年4%を加算した利率に、満たない利率にて金銭の貸付けをした場合には、当該貸付利率と公定歩合に年4%を加算した利率との差額が給与として課税されてしまいます。

また、銀行から3%の利率で借り入れた資金を2%の利率で貸し付けた場合には、上記の差額ではなく、3%と2%との差である1%分の利息の金額が給与として課税されます。

仮に、給与課税されても、適正に源泉徴収をすればよいのですが、課税の公平性を確保する観点などからは、無利子又は低い利率での金銭の貸付けは、その是非については意見が分かれるところです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

【次の記事】:還付金のうち被相続人の準確定申告に係るものについて

【前の記事】:自社株式の株価対策③

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る