相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

作家、漫画家、作曲家の節税法

2012/02/13

関連キーワード:

作家、漫画家、作曲家など、印税や原稿料、作曲料といった収入がある方は、その所得を通常の所得とするのではなく変動所得とすることで税金が安くなります。
変動所得とは、事業所得や雑所得のうち、漁獲やのりの採取による所得、はまちやまだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝、真珠、真珠貝の養殖による所得、印税や原稿料、作曲料、著作権の使用料に係る所得をいいます。

例えば、当期から執筆活動を始めて1,000万円の原稿料を収入として得た場合、普通所得とした場合と変動所得とした場合とでは所得税額は以下のように異なります。(経費及び執筆活動以外の収入は一切なかったものとします)

【普通所得とした場合】
(10,000,000円-基礎控除380,000円)×33%-1,536,000=1,638,600円(税額)

【変動所得とした場合】
(10,000,000円-基礎控除380,000円)×5%=481,000円
※(10,000,000円-基礎控除380,000円)=9,620,000円
9,620,000円÷5=1,924,000円
1,924,000円×5%=96,200円
(9,620,000円-1,924,000円)×96,200円/1,924,000円=384,800円
96,200円+384,800円=481,000円

この事例だと普通所得とした場合と変動所得としたとでは、1,638,600円-481,000円=1,157,600円も税金が安くなります。
作家、漫画家、作曲家の方は変動所得の制度を活用することで税金は大きく変わる可能性があります。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:車両運搬具の評価

【前の記事】:ゴルフ会員権の評価

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る