年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

作家、漫画家、作曲家の節税法

2012/02/13

関連キーワード:

作家、漫画家、作曲家など、印税や原稿料、作曲料といった収入がある方は、その所得を通常の所得とするのではなく変動所得とすることで税金が安くなります。
変動所得とは、事業所得や雑所得のうち、漁獲やのりの採取による所得、はまちやまだい、ひらめ、かき、うなぎ、ほたて貝、真珠、真珠貝の養殖による所得、印税や原稿料、作曲料、著作権の使用料に係る所得をいいます。

例えば、当期から執筆活動を始めて1,000万円の原稿料を収入として得た場合、普通所得とした場合と変動所得とした場合とでは所得税額は以下のように異なります。(経費及び執筆活動以外の収入は一切なかったものとします)

【普通所得とした場合】
(10,000,000円-基礎控除380,000円)×33%-1,536,000=1,638,600円(税額)

【変動所得とした場合】
(10,000,000円-基礎控除380,000円)×5%=481,000円
※(10,000,000円-基礎控除380,000円)=9,620,000円
9,620,000円÷5=1,924,000円
1,924,000円×5%=96,200円
(9,620,000円-1,924,000円)×96,200円/1,924,000円=384,800円
96,200円+384,800円=481,000円

この事例だと普通所得とした場合と変動所得としたとでは、1,638,600円-481,000円=1,157,600円も税金が安くなります。
作家、漫画家、作曲家の方は変動所得の制度を活用することで税金は大きく変わる可能性があります。

【次の記事】:車両運搬具の評価

【前の記事】:ゴルフ会員権の評価

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る