年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

亡くなる3年以内の贈与

2012/02/27

関連キーワード:

一般的な相続税の生前対策として、毎年110万円(贈与税の基礎控除内)ずつ贈与する方法があります。

しかし、相続人が相続開始前3年以内に被相続人から贈与により取得した財産は、相続税の生前贈与加算として、相続税の計算上、課税価格に計上されますので、ご注意ください。

相続税の生前贈与加算については、以下のすべての要件を満たす方が対象です。

  • ①相続または遺贈により財産を取得した者
  • ②相続開始前3年以内にその被相続人から贈与により取得した財産がある者
  • ③その財産は贈与税の課税価格計算の基礎に算入されるもの。
    (住宅取得資金等の非課税贈与や贈与税の配偶者への居住用不動産等の贈与などは除かれます。)

一方、代襲相続や遺贈がある場合を除き相続人にならない孫への贈与は、亡くなる直前であっても、相続税の財産に計上されることがありません。

贈与の場合には、念のため贈与契約書等を作成することをお勧めします。
税理士法人チェスターでは、生前贈与対策も行なっておりますので、こちらよりご連絡お待ちしております。

【次の記事】:不動産の持分割合と贈与税

【前の記事】:車両運搬具の評価

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る