年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続開始後に不動産を売却した場合の相続税評価額

2012/03/19

関連キーワード:

相続した不動産を売却した場合、相続税評価額を下回ることもよくあります。
このようなときは、次の要件を満たしていれば売却した金額をもって相続税評価額とできることがありますので、該当する場合には、専門家に相談したほうがいいでしょう。

  • ・相続開始時と譲渡時期との時間差があまり無いこと。
  • ・売却価額が適正※であること。
    ※売却価額が適正でない場合

例えば、何らかの事情等により、相続財産を処分する必要があり、売り急いだため仲値を下回る価額での取引があった場合や、譲渡先が特殊関係者(親族や同族会社)であり、その売却価格に合理的な根拠がない場合等。

【次の記事】:国外財産調書制度

【前の記事】:相続財産を譲渡(売却)した場合の譲渡所得の特例(取得費加算)とは?

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る