相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

遺留分について

2012/04/16

関連キーワード:

「遺留分」とは、法定相続人に与えられた相続財産の一定の割合を保証する制度のことです。

相続財産はもともと被相続人のものですから、本来被相続人は自己の財産を遺言書等によって自由に処分することが出来ます。しかし、これを全く被相続人の自由に許してしまうと、たとえば全く血の繋がっていない赤の他人に全財産を相続させるなどという遺言がなされた場合、被相続人の財産に依存して生活をおくっていたその家族はたまったものではありません。

そこで相続財産の一定の割合について、一定の相続人に確保するために設けられたのが「遺留分」という制度です。この遺留分は遺言によっても侵すことの出来ない権利です。 遺留分の割合は以下のようになります。

総体的遺留分

1.直系尊属のみが相続人である場合
  →相続財産の1/3

2.その他の場合
  →相続財産の1/2

*その他の場合とは
①子のみ
②配偶者のみ
③配偶者と子(また代襲相続人)
④配偶者と直系尊属
⑤配偶者と兄弟姉妹(また代襲相続人)
※ ただし⑤の場合は、兄弟姉妹に遺留分がないので、配偶者だけに1/2の遺留分があることになります。

個別的遺留分

・個別的遺留分は、総体的遺留分に各権利者の法定相続分を乗じて算定します。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:修正申告すると異議申立てができない!?

【前の記事】:小規模宅地等(特定居住用宅地等)についての評価について

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る