年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税申告と書面添付制度

2013/01/21

関連キーワード:

税理士法人チェスターでは、通常プランでお申し込みの方で、申告内容に問題がない場合には、相続税の申告書に書面添付制度を作成して提出しています。

書面添付制度とは、税理士がその権限の基に、提出する申告書が正確なものであることを証明し、国税庁としても、それを尊重しようとするものです。

具体的には、書面が添付されている申告書を提出した納税者に対して、税務調査が実施される場合には、納税者より先に税理士に連絡がきて、税理士がその記載事項について、意見を述べる機会が与えられています。

この意見を聞いて税務署側の疑問が解決したのであれば、予定されていた税務調査が実施されないこともあります。

書面添付制度は税理士等に与えられた権利であり強制されるものではありません。

また、手間もかかる為、添付を行っている税理士等は少ないのが現状です。

正しい申告をしていても、税務調査が入る可能性は十分あります。

また、税務調査で、相続とは関係のないように思われるプライベートなことまで質問されると気分のいいものではありません。

税理士法人チェスターでは、税務調査で指摘されそうな事項について添付する書面に記載して、税務調査のリスクを少しでも軽減させるように努力しております。

正しい申告で、税務調査のリスクを減らしたい方は、ぜひこちらより当法人にご相談下さい。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:葬儀費用控除できないものについて

【前の記事】:上場株式の評価

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る