年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税の基礎控除額の引き下げ

2013/03/25

関連キーワード:

3月1日、平成25年度税制改正関連法案が国会に提出されました。現在、審議が行われており、この法案が成立すると、各種税制の改正が正式決定します。

平成25年度税制改正において、相続税に関する主な改正の一つに「相続税の基礎控除額の改正」が挙げられます。改正内容は下記の通りです。

(現行) 5,000万円 + 1,000万円×法定相続人の数

(改正後) 3,000万円 + 600万円×法定相続人の数

相続税は相続財産の価額が基礎控除額を超える場合に課税されますので、基礎控除額が下がれば、相続税を払わなければならない人が増え、また相続税額が増加する事が予想されます。なお、この改正は平成27年1月1日以後に発生した相続、つまり平成27年1月1日以後に亡くなった方の相続税申告から適用されます。

約2年後の改正となりますので、生前対策を行う際には、この基礎控除額の引き下げやその他の税制改正にも考慮する必要があります。

【次の記事】:株式保有特定会社の評価

【前の記事】:私募債の活用

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る