相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

事業承継対策としてのM&A

2008/11/30

関連キーワード:

事業承継には様々な対策があり、その対策の一つとして、M&Aが浮上します。自身の会社を売却することもあれば、新たな会社を買収することも考えられます。

環境の変化に適応していくため、また競争に勝ち残っていくには、企業にとって重要性の高い事業は更に伸ばし、企業にとって重要性の低い事業は補強する、もしくは切り離すという取捨選択を行うことも重要となっています。

この取捨選択を迅速に取り組むことができる手段としても、M&Aは有効といえます。また複数の事業を統合したとき、そこには従来、個々にもっていた以上の価値を生み出す力、つまりシナジー効果を期待することもできます。

また会社を譲渡する場合には、後継者不足や事業の将来性の有無等により、会社売却によりリタイアするということも一つの決断です。確かに多くの会社はオーナーや先代が築きあげてきた大切な会社であり、そう簡単に事業の譲渡を決定することはできません。

しかし適切な後継者がいない場合には、会社そのものの経営基盤が揺らぐ恐れがあります。そうであれば、事業を共に成長させてくれる会社へ事業を譲渡することで、会社が今後も存続しておくことができます。

また譲渡により、創業者利潤を実現できるため、ご自身のリタイア後の退職金や相続税の納税資金の確保にもつながります。

当法人では、M&Aも含め事業承継のお手伝いをさせて頂いておりますので、こちらよりご相談下さい。 事業承継対策に”早すぎる”ことはありません。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

【次の記事】:一周忌法要後は相続税還付のご依頼を

【前の記事】:金庫株活用の相続対策におけるメリット

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る