年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

遺産分割後に別の遺産があることがわかったら?

2009/03/29

関連キーワード:

遺産分割協議後に他の相続財産が見つかることもあります。この場合には、原則として、その遺産についてのみ、再度、遺産分割協議を開催することになります。

後で財産が見つかった場合には、再度遺産分割協議書を作成し、追加の相続税申告を行う必要があります。またその追加分については、延滞税も発生してしまいます。

通常、遺産分割協議後に財産が見つかるケースとしては、2~3年後の税務調査の時が多いようです。

このため、遺産分割前にきちんと相続人の方が、被相続人の遺産を調査し、財産目録を作成することが大切になります。後々の揉め事を避けるためにも、遺す側の方が、お亡くなりになられる前に一度ご自身の財産目録を作成された方がいいかもしれません。

遺産分割協議後に財産や債務が発見された場合の取り決めとして、通常は以下のような記載を遺産分割協議書に残しますので、遺産分割協議書に署名捺印する前に確認してみるといいでしょう。

「なお、本協議書に記載なき遺産・債務並びに後日判明した遺産・債務は、相続人全員で別途協議して決めるものとする。」

【次の記事】:経営承継法における非上場株式の評価方法のガイドラインを公表

【前の記事】:二次相続も考慮しましょう

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る