年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

特定路線価とは

2009/10/11

関連キーワード:

相続税や贈与税の申告をする場合に、路線価地域において、路線価の設定されていない道路のみに接している土地を評価する必要があるときには、特定路線価の設定の申出をすることができます。

路線価は全ての道路に付されているわけではなく、細い道や路地等には付されていないことも多いのです。税務署も全ての道路に路線価をつけるのは実務上負担がかかりすぎて難しいのでしょう。

路線価が付されていない道路については、特定路線価の設定をすることが原則ですが、その他にも評価方法はあります。課税上弊害がない、合理的な価格となる等の前提のもとで特定路線価以外の評価方法を使用することも実務ではあります。ケースバイケースで対応しなければいけません。

この特定路線価の設定の申出は、「特定路線価設定申出書」に必要事項を記載して、納税地を所轄する税務署長に提出してください。申出書の様式は税務署に備え付けてあります。

通常、特定路線価設定の申し出から1ヶ月程度要しますので、申告が必要な方で特定路線価の設定が必要な方は早めに税務署へ申し出を行うことが必要です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

【次の記事】:相続税の申告は税理士さんに頼んだ方がいいの?自分でできないの?

【前の記事】:非嫡出子の相続差別、結論は合憲

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る