相続税の申告・相談なら年間申告実績2,200件超の
相続専門集団におまかせ

相続税の税理士法人チェスター

相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 2,221件(令和4年実績) 業界トップクラス
【全国11拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・京都・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスターNEWS

相続税の申告義務が見込まれる者に「相続税の周知文」が送付される

2016/10/18

関連キーワード:

相続税の申告義務が見込まれる者に「相続税の周知文」が送付される

平成27年1月1日以後の相続税の改正に伴って、東京国税局では「相続税の申告案内」を見直して新たに「相続税の周知文」という文書を納税予定者に送付する取り組みが始まっています。

この相続税の周知文は従来よりも対象者が広がる予定で、一定の要件を満たしたものを税務署が選定して送付することになっています。

ではこの相続税の周知文ですがいつ頃納税者に発送されるのでしょうか?

これは税務署の管理運営部門の方針ですと、申告期限の3か月前をめどに送付されるということです。

3か月前というと結構ぎりぎりのタイミングで発送されることが分かります。本来であれば納税者は税務署からの周知文を受け取る前に自発的に申告作業を進めることが多いですが、忘れてしまっている人やそもそも相続税の課税基準を知らない人もいるため備忘的に送られてくるものです。

「相続税の周知文」という名前のとおり、この取組は相続税の周知・広報が主な目的であるため、相続税の申告要否の判定を行うことなどを勧めるだけで、その結果を「相続税の申告案内」のように「相続税の申告要否検討表」などとして提出を依頼するものではないため、相続税のお尋ねに回答するというような書類提出は特段不要となっています。

このため相続税の周知文が届いた場合には申告作業を進めている人は何もしなくてもよいですが、相続税の基礎控除(3,000万円+相続人の数×600万円)を超えた遺産があるような場合には急いで税理士に相談に行くことが望まれます。

※本記事は記事投稿時点(2016年10月18日)の法令・情報に基づき作成されたものです。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。

相続対策は「今」できることから始められます

     

「相続税の納税額が大きくなりそう」・「将来相続することになる配偶者や子どもたちが困ることが出てきたらどうしよう」という不安な思いを抱えていませんか?

相続専門の税理士法人だからこそできる相続税の対策があります。
何から始めていいか分からない方もどうぞご安心ください。
様々な状況をご納得いく形で提案してきた相続のプロフェッショナル集団がお客様にとっての最善策をご提案致します。

まずはチェスターが提案する生前・相続対策プランをご覧ください。

【次の記事】:租税回避対応のための「国際戦略トータルプラン」を国税庁が発表

【前の記事】:相続税申告書への被相続人の個人番号(マイナンバー)の記載が不要に

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る