年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

「原本」か「コピー」か!相続税申告書の添付書類

2017/06/22

関連キーワード:

「原本」か「コピー」か!相続税申告書の添付書類

相続税申告書の添付書類として税務署に提出する書類のうち、原本を提出しなければいけないものとコピーでもよいものがあります。ここでは、主なものを具体的に紹介します。

※ 平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書から、税務署に提出する戸籍謄本は原本ではなくコピーでOKとなっています。※

原本で提出する必要がある書類

・身分関係書類(戸籍謄本、改正原戸籍、住民票など)
・印鑑証明書

コピーで提出する書類

・遺産分割協議書
・不動産の登記簿謄本
・預金口座の残高証明書
・葬儀費用の領収書
・通帳

実務における注意点

制度上は、身分関係書類は原本を税務署に提出する決まりになっていますが、多くの税理士事務所がコピーを提出しているという事態があります。

税務署側の対応としても、まちまちで、コピーを提出しても何も言ってこない場合もありますし、提出後に電話がかかってきて原本の提出を求められるケースもあります。

 

\相続税申告でお困りですか?/

【次の記事】:平成29年度税制改正大綱情報 ~広大地評価の見直し~

【前の記事】:国・地方で異なる配当課税方式を選択する場合の要件

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る