相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

育英年金の評価と税金のかかり方

2013/05/14

関連キーワード:

会社に勤めていた方が亡くなられると、その会社の福祉共済制度等から、その方のご子息が高校を卒業するまでの間の学費等が支払われることになる場合があります。

これは、いわゆる“育英年金”と呼ばれることが多いようです。

例えば、父親が若くして亡くなった場合、その方に子供が高校を卒業するまでに、一か月に3万円がその方の保護者へ支払われる、というようなものです。

この育英年金には相続税はかかるのでしょうか。

この育英年金は、相続税法3条1項6号の、契約に基づかない定期金に関する権利となり、相続税が課税されることになります。

なお、この育英年金は、相続税法24条1項1号の有期定期金として評価することになります。

また、育英年金については、いわゆる生命保険金等の非課税枠の適用はありません。

この育英年金は、その福祉としての性質から、非課税と思われがちですが、現行の相続税法では相続税の課税対象となります。

さらに、この育英年金については、雑所得の対象となるため、所得税もかかります(所得税法基本通達35-1(9)、所得税法施行令185条)。

ただし、この育英年金を相続される方は未成年者のため、未成年者控除の適用により相続税額を軽減できます。

また、所得税については、未成年者のため他に収入がないことから、受け取る年額がよほど高額でない限り、課税所得が基礎控除以下になるため、支払うべき税額も発生しません。

以上のことから、育英年金に課税されても、悲観になる必要はございませんのでご安心ください。

【次の記事】:エンディングノート

【前の記事】:“生計を一にしていた”とは

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る