相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

債権や棚卸資産の見直しによる株価対策

不良資産を徹底的に見直そう!

不良債権や不良在庫を、事業承継を機に徹底的に見なおすことは、次世代の経営者に事業を引き継ぐ上でも非常に重要です。したがって、事業承継を機に徹底的に不良資産は整理しましょう。

また、株価対策においても不良資産の見直しは有効です。不良債権の債権放棄をして、利益や純資産を圧縮できますし、不良在庫を処分、廃棄することで生じた損失についても利益と純資産を圧縮できます。

なお、債権や在庫の見直しに関して税務上すべてが損金として認められるわけではありませんので注意が必要です。具体的には下記解説を参考にして下さい。

1. 不良債権の償却

不良債権が税務上損金として認められるのは下記のような場合に限られます

① 会社更生法等により債権が切り捨てられた場合
② 債務者につき債務超過状態が相当期間継続し書面で債務者に債務免除をした場合
③ 債務者の資産状況、支払能力等からその全額が回収できないことが明らかな場合
④ 一定の売掛先で1年以上取引がない場合

2. 不良在庫の廃棄

不良在庫の廃棄については、税務調査等で指摘をされないためにも、廃棄理由を明確にし(例えば、流行遅れになったとか商品に不備があった等)、決算期末までに廃棄した事実を証する書類(廃棄業者の請求書等)を適正に保管しておきましょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る