相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

チェスターNEWS

青空駐車場は税金面でのデメリットばかり

2010/04/18

関連キーワード:

青空駐車場として利用されている土地は、通常の宅地と同じように評価しますので、賃貸アパートのような評価減の規定はありません。また相続税の特例で有名な、小規模宅地の特例の適用も原則対象外となってしまいます。

また青空駐車場は、固定資産税においても、基本的には更地と同じく評価され、固定資産税は高くつきます。

このように駐車場経営には、税制上の優遇措置がほとんどありませんので、その点では有利な活用方法だとは言えません。税金面では、評価額の高い空地としての評価となっていますし、固定資産税でも特例が認められていません。相続や贈与なども含めた将来を見据えた場合、駐車場経営は慎重に考えなければならないと思います。

最後に青空駐車場であっても、小規模宅地の特例を受けることができる場合がありますので、ご紹介します。不動産の貸付、貸付用の駐車場用等に利用されている土地等についても、小規模宅地の減額(200㎡まで50%減額)ができるのですが、この評価減は、更地及びジャリが敷いてあるだけの土地は軽減の対象になりません。従って、青空駐車場でも構築物であるコンクリートやアスファルト、フェンス、ブロック等の減価償却資産が施されていれば、50%の減額の対象になります。

【次の記事】:生命保険を活用した納税資金の準備

【前の記事】:小規模宅地の特例の改正について

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る