相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門税理士集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

雑種地の土地評価方法のすべて

雑種地は定義のあいまいさにより評価の方法が複雑になっています。

実際に弊社が専門でない税理士の方から案件を引き継いだ際に、改めて評価をし直した場合、1000万円ほど節税できたこともあります。

相続の専門家でない限り、雑種地の判定や評価は甘くなり相続税の支払いで大きく損をする場合があります。

ここでは弊社が経験に基づいて行ってきた雑種地の判定や実務に基づく評価方法などをできる限りご紹介します。

あなたは相続された雑種地が「どのような方法で評価するべきか」「評価を大幅に下げることができるのか」明確に理解することができます。

Step.1
雑種地を相続したら最初にやるべきことと学ぶべき基礎知識

どんな土地が雑種地になるのか

「雑種地の評価はどれくらいになるのか?」「あなたは相続税をいくら支払うのか?」これらを知るために、あなたは「本当に土地は雑種地になのか」その判断をするために「雑種地とは何か」という定義を最初に学ばなければいけません。

雑種地を相続したらやるべきこと一覧

Step.2
雑種地の具体的評価方法

どの土地に比準するかで土地の評価がガラリと変わる

市街化区域内・市街化調整区域内にある雑種地の評価は、雑種地がどの土地に似ている性質を持っているかで、評価の方法が異なってきます。専門的な言葉でいうと、宅地に比準するか、山林などのに比準するかで、評価が大きく変わってきます。

市街化区域内・市街化調整区域内にある雑種地の評価

はじめての相続

相続をどのようにすすめたらいいのか?必要な資料はなにか?

相続が発生した方のために相続の全体像と集めるべき資料、絶対に使っておきたい節税に必須の特例などすべての情報を無料で公開。

相続は人生で何度も起こることではなく、また一度経験があったとしても前回の相続から時間がたっているために覚えていないことがほとんど。

専門知識が多く、わかりづらい相続について、はじめての方もわかるようにできるだけかみ砕いて説明しました。

はじめての相続をご覧いただけましたら

  • 相続税申告の全体のながれと進め方
  • 明日からすぐにできる必要な資料と集め方
  • 節税に必須の特例の種類と使用方法。土地、債務、株式など。
  • 安心して相続を任せることができる税理士の見分け方

これらの知識が身に付き、相続を全く知らないゼロの状態でも、明日から相続税の申告のために動き出すことができます。


「はじめての相続税」をみる

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る