相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

チェスターNEWS

キーワード「必要書類」を含む記事 掲載数 7 件

相続税申告提出書類の重要ポイント「何を相続したのか」 どんな財産を相続するかはそれぞれ違いますので、どんな書類を提出するべきか悩まれる方も多いのではないでしょうか? そこで、今回「私はいったい何を提出したらいいのか?」という悩みとサヨナラできる、どの […]

>> 詳細を見る

平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書の添付書類から、戸籍謄本については、コピーでよいことになりました。今までは、原本の提出が法律で義務付けられていましたが、今後はすべてコピーでOKです。 なお、相続開始日や開始年度に寄らず、申告書の「提出時期 […]

>> 詳細を見る

相続税申告書の添付書類として税務署に提出する書類のうち、原本を提出しなければいけないものとコピーでもよいものがあります。ここでは、主なものを具体的に紹介します。 ※ 平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書から、税務署に提出する戸籍謄本は原本では […]

>> 詳細を見る

平成29年度税制改正大綱では、教育資金の一括贈与に係る領収書等を金融機関へ提出する際に書面での提出方法に加えて電磁的記録によって提出することが可能となりました。 方法に関しては以下のような例が文部科学省より公表されています。 ①携帯電話のカメラ等で撮 […]

>> 詳細を見る

平成29年1月より税務署の総合窓口で書類を提出する場合にはその書類と併せて「提出票」を提出する必要があります。 この提出票導入の背景としては、マイナンバー記載書類が多く税務署に提出されることになるため個人情報保護の観点から実施することが決まりました。 […]

>> 詳細を見る

相続が発生した方が必ず用意しなければいけない身分関係の書類の入手場所とどういった場面で活用するのかといった詳細について書きました。 主に戸籍関係の書類についてです。 1.集めるべき書類の詳細と入手場所・方法 ① 被相続人の出生から死亡までの連続した戸 […]

>> 詳細を見る

  相続税申告の大きな流れは ①書類を集める(保険や遺言証など) ②集めた書類をもとに申告書に記載 ③税務署へ相続税申告書を提出 の3ステップです。 今回はその中でも一番最初に行い、かつ相続税の申告で一番のキモになる①の集めるべき書類につい […]

>> 詳細を見る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る