年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

遺産分割協議書の作成の方法

2009/05/17

関連キーワード:

遺産分割協議書は特に様式は指定されていません。内容を明確にし、全員が自署、押印(実印)すれば大丈夫です。あわせて印鑑証明書も準備しておくようにしましょう。

また遺産分割協議書のコピーは申告の際の添付書類となりますので、相続の申告が必要な方は、遺産分割協議書の作成も税理士に依頼するといいでしょう。

遺産分割の方法によっては、税額が大きく違ってくることもありますので、税理士の助言を受けながら、相続人間で遺産分割方法を話し合われることをお勧めします。

税理士法人チェスターでは、申告においてコスト重視プラン、ALLお任せプランの2つのプランを用意していますが、それぞれ遺産分割協議書の作成が基本料金の中に含まれています。

遺産分割協議書の作成のみならず、節税を意識した遺産分割案の提案や、2次相続に向けたシュミレーション等までお願いしたいといった場合には、ALLお任せプランを選択されるといいでしょう。

【次の記事】:共同相続人が単独で被相続人の預金口座の開示を請求可能か?

【前の記事】:入院等で空き家になっていた場合でも小規模宅地の特例を使えるのでしょうか?

< 一覧へ戻る

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る