年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

借地権と相続税

借りた土地の上に家が建っており、その土地を相続した場合、借地権に相続税がかかるのかどうか、問題になってきます。

相続で借地権が関係するのは、土地を借りている人・土地を貸している人の二人。

あなたがどちらの立場かによって、借地権の相続時にやるべきことや考えるべきこと、対策などは変わってきます。

ここでは土地を借りている人が借地権を相続したらどうしたらいいのか、細かくステップに分けてご説明していきます。

人によって土地の使い方は変わるので議題となるテーマが多くなりがちですが、本質的には他の相続財産と同じく、財産の評価を行い評価から支払うべき相続税額を求め、その旨を相続税申告書に記載して税務署に提出と全く同じです。

特に借地権は「うちは親が家持ってるけど、特に財産はないから大丈夫だろう」と「まさかの財産」になって相続をされる方が多いです。

いざ相続をしたときに驚かないように借りた土地の上に住んでいる土地を相続したら、どういったことに気をつけ、土地を評価をするのか。
そして、評価明細書など行動としてやるべきことなどを徹底的に解説しています。

Step.1
借地権の基本

借地権は普通借地権と定期借地権の2種類

借地権は普通借地権と定期借地権の2種類あります。あなたの土地がどちらの借地権かによって、相続が発生したときの評価方法や行うべきことが変わってきます。

借地権の定義と種類

借地権の計算方法詳細

借地権の特殊テーマ

Step.2
借地権の土地評価明細書への記載方法

借地権は土地評価明細書へどのように記載するのか

借地権を使用する場合の土地評価明細書の記載方法と具体例をご説明します。大部分は通常の書き方と大差ありませんが、何点か注意するべきポイントがあります。

土地評価明細書への書き方

 

\借地権に関する相談をされたい方は…/

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る