相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

受贈者が外国にいる場合

受贈者が外国にいる場合

受贈者が外国にいる場合

受贈者の国籍に関わらず、日本に住所をもつ個人に対して贈与されたすべての財産に対して贈与税は課されます。

また、贈与された財産が国内のものであっても国外のものであっても課税対象になります。

贈与税に関しては受贈者が日本国内に住所を有しているかどうかに重きを置かれるわけですが、では受贈者が外国に住所を有し、日本で生活をしていない場合はどうなるのでしょう。

受贈者が外国に住所を持ち在住している場合は、通常日本国内の財産の贈与分にだけ贈与税がかかり、国外財産の贈与分には日本での納税義務はありません。

しかし外国に住所があっても受贈者が日本国籍を有し、贈与者か受贈者のどちらか一方でも贈与前5年以内に日本国内に住所を持っていた場合は、日本国内だけでなく国外の贈与財産にも贈与税が課されます。

また税法は各国様々ですので、日本国内の贈与財産に対しても外国で贈与税にあたる税金を課されることがあります。

これを納付済みの場合、日本国内の課税額から一定の額が控除されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は父母からの相続におきまして大変お世話になりありがとうございました。相続には不動産、金融関係他多様な分野が関係するため当初は誰に相談すれば良いかも判らず途方にくれましたが、インターネットで御社を知り初回の(無料)面談をお願いしました。この面談で […]

話を丁寧に聞いて頂けた。

・判らない事にていねいに教えて頂いた。 ・調べて欲しい事にタイムリーにやってくれた。 ・節税出来た。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る