年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

国外財産と贈与税

国外財産と贈与税

国外財産と贈与税

受贈者の国籍に関わらず日本国内に住所を有していれば、国内財産だけでなく国外財産も課税対象になり、贈与された財産すべてに贈与税が課税されます。

日本国内に住所を持っていなくても受贈者が日本国籍を有している場合、国内、国外の財産すべてに贈与税が課税されるわけですが、贈与人、受贈人のどちらもが5年以上日本を離れ海外で生活をしている場合は、国外財産の贈与に限っては日本で贈与税が課されることはありません。

どちらか一方でも5年以内に一度でも日本に住所を有していたとされると課税されてしまいます。

贈与の際、贈与者や受贈者の「住所」がどこにあるのかがポイントになります。

海外移住が実態を伴わない税金逃れのものとされるケースでは贈与税を課税されることもあります。

では「住所」がどこにあるのかはどのように判断されるのでしょうか。

仕事の拠点や財産をどこに有しているかなどではなく、「住所」とは生活の本拠とされています。

最高裁の判例で、「住所」とは客観的事実によって判定されるので、「住所がある」とされる国に総期間の3分の2程度滞在していれば、その国に生活の本拠があるとされたこともあります。

関連性が高い記事

贈与税の外国税額控除

外国税額控除の定義 我が国に居住を設けている者は、自身が得た所得が国内で得たものか国外で得たものかを問わず、すべての所得について所得税が課税されます。 その場合、国外で得た所得に対してその国で課税された後の所得にさらに我が国の所得税が課されることにな […]

受贈者が外国にいる場合

受贈者が外国にいる場合 受贈者の国籍に関わらず、日本に住所をもつ個人に対して贈与されたすべての財産に対して贈与税は課されます。 また、贈与された財産が国内のものであっても国外のものであっても課税対象になります。 贈与税に関しては受贈者が日本国内に住所 […]

国外財産と贈与税

国外財産と贈与税 受贈者の国籍に関わらず日本国内に住所を有していれば、国内財産だけでなく国外財産も課税対象になり、贈与された財産すべてに贈与税が課税されます。 日本国内に住所を持っていなくても受贈者が日本国籍を有している場合、国内、国外の財産すべてに […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る