相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺族年金とは

遺族年金とは

遺族年金とは

日本にある年金制度には、被保険者のもしもの場合に備えた障害や死亡の保障があります。なくなった本人が年金被保険者であった場合、一定の条件を満たしていれば遺族は遺族年金を受給することができるのです。

遺族年金には、国民年金から支給される遺族基礎年金と厚生年金から支給される遺族厚生年金があります。支給されるにあたり、その条件は亡くなった本人のみならず受給を受ける遺族にも定められています。

遺族基礎年金の場合は、亡くなった本人が国民年金の被保険者で、年齢が60歳以上65歳未満の日本国内に住んでいるもの、また老齢基礎年金を受給していたか受給資格を満たしていることのいずれかを満たすことが条件です。遺族に対しての条件は、亡くなった方の妻か子に限られます。

妻も18歳未満の子がいること、障害者であれば20歳未満の子がいることが必要です。夫は遺族の条件に当てはまらないことになります。つまり遺族基礎年金は遺族に18歳に満たない小さいな子がいる場合に支給されるのです。

遺族厚生年金の場合は、亡くなった本人が厚生年金保険の被保険者であるか、障害厚生年金の受給を受けていたか、老齢厚生年金を受給していたかもしくは受給資格を満たしていたか、被保険者でなくなった後被保険者である期間により病気やけがが原因で死亡し、その初診日が5年以内である場合のいずれかを満たしていることが条件です。

遺族として受給資格を持つのは遺族基礎年金よりも範囲が広く、配偶者と子供になります。しかしそこには順序があり、妻と子の場合は妻が、夫の子の場合は子に支給されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

期間が短い中で効率的に手続きをしていただきました。 説明もわかりやすく、信頼できました。

また何かありましたら宜しくお願いします。

相続だと毎年のことではなく、スポットでの依頼なので、お互いたいへんだと思いました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る