相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

未分割による相続税申告

Q.未分割による相続税申告

配偶者、長女、長男、長男の嫁(養女)、長男の子(孫養子)が相続人の場合で、もめたことにより未分割の申告をする場合の相続分について教えてください。
相続税の総額は法定相続分で計算しますが、遺留分の相続分と同様に未分割申告の相続分は、
配偶者1/2、長女、長男、養女、養子がそれぞれ1/8ずつで申告することで合っていますでしょうか?
もしくは、法定相続分を重視して配偶者1/2、長女1/6、長男1/6、養女1/12(1/6を2人で按分)、養子1/12(1/6を2人で按分)で申告するのでしょうか?

A.民法上の相続分を取得したものとして相続税申告を行う事となります

ご質問の場合、下記1の民法上の相続分を取得したものとして相続税申告を行う事となります。

【1.民法上の相続分】

○配偶者 1/2
○長女、長男、長男の嫁、長男の子 それぞれ1/8ずつ

ただし、相続税の総額を計算する際には下記2の相続税法上の法定相続分を使用します。

【2.相続税法上の法定相続分】

○配偶者 1/2
○長女  1/6
○長男  1/6
○長男の嫁(又は長男の子)1/6

※長男の嫁又は長男の子のいずれか1人で、どちらでも構いません。
※「養子」については双方とも普通養子と仮定しております。

相続税計算の際の「法定相続分」は、普通養子の場合において被相続人に「実子(長男)」がいるときは「1人まで」と定められているため、
普通養子である「長男の嫁」又は「長男の子」のいずれか1人が相続税法上の法定相続人となります。

従いまして上記2により計算した相続税総額を、上記1の相続分で配分をして各個人の納付税額を計算します。
なお「長男の子」につきましては、相続税額の2割加算の適用があり、納付税額は1.2倍となりますのでご注意ください。

以上、ご確認の程宜しくお願い致します。

【補足事項】
※もし特別養子制度のもと養子となった場合には、「実子」と同じ取扱いとなり、
 相続税法上、養子の制限はされませんのでご注意ください。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る