相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

教育費の贈与について

Q.教育費の贈与について

教育費の贈与は贈与者が直接支払いをしないと非課税にならなくて、間接的に教育を受ける者や教育を受ける者の親に振込をしてそのお金をもって学費の支払いに充てるとお金に対してひもつきでなくなるので通常の贈与の対象になってしまうのでしょうか。

A.贈与を受けた金額をその都度教育費へ支払っている事実を証明できれば

お問い合わせ頂き有難うございます。

下記の質問について、ご回答させていただきます。

まず、親や祖父母から子供への教育費についてはその都度支払う部分については基本
的に非課税扱いとなります。(相続税法21の3)

下記の事項ですと祖父母から親へ金銭の贈与があり、それを学費の支払等にあてた場
合に当該贈与に対して、贈与税の対象となるかどうかが論点となります。

こちらについては、贈与を受けた金額をその都度教育費へ支払っている事実を証明で
きれば、上記の非課税財産の扱いに基づき、贈与税が発生することはないと考えられます。

税務調査等に対して有効な事実として証明するためには、親の口座を通してではなく、
直接学校や教育機関に振り込むことが有効と考えられます。

また、祖父母の相続税対策として、30歳未満の個人の方への教育資金の一括贈与に対
して、平成27年12月31日まで非課税枠が1,500万円分ございますので、こちらをご検討され
ても良いかもしれません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

電話対応で不明な点を親切に教えて頂いて有り難うございました。 前回も依頼して、不動産関係の書類等、貴社に保管されていた為この点すごく助かりました。 子供には、私に万が一の事があった場合貴社に依頼するように言っています。

ありがとうございました。

仕事帰りの時間でも対応いただき、國立様には感謝しております。 次の機会があればまたお願いしたいと思います。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る