相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

耕作放棄地(遊休農地)の固定資産税が平成29年から1.8倍に

耕作放棄地(遊休農地)の固定資産税が平成29年から1.8倍に

平成28年税制改正において、耕作放棄地である農地の固定資産税の増税が決まりました。
通常、農地に関する固定資産税は、「正常売買価格×限界収益修正率0.55」を計算の基礎として計算されていましたが、今回の改正により「×限界収益修正率0.55」を乗じないこととなりました。

よって、
1÷0.55 =1.8181 となり、約1.8倍になるという計算になります。

いつから適用開始??

なお、この改正は、平成29年度から適用されています。

どういったものが遊休農地に該当するか?

農業委員会と農地中間管理機構との協議の上で、遊休農地として勧告を受けたものとなります。

なお、農業振興地域内の遊休農地に限られることとなります。

では、どういったものが勧告をうける可能性があるかとのことですが、読んで字のごとく、「遊休となっている農地」です。
農地として市区町村で課税がされているが、実際は農地ではなく、空き地や資材置き場等、他の用途として利用しているような場合を指すと思われます。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

解りやすい説明で対応をありがとうございます。

実績数が多い事が決め手でしたが、簡潔明瞭でいて、丁寧な対応に、最初の面談から好印象でした。 知識もなく、諸事情で、書類を集める事さえ、なかなか思うように進められず、時間が掛かってしまいましたが、 担当の松井さんには、いつも丁寧で気持ちのいい対応をして […]

初めての事なので、分からない事ばかりでした。 しかし、職員の方の分かりやすい説明で、納得致しました。お世話様でした。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る