相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

キーワード「相続」を含む記事 掲載数 6 件

  1 はじめに 東京国税局は、プルデンシャル生命保険株式会社(以下、「P社」とします。)の「取引等に係る税務上の取扱い等に関する事前照会」に対する回答として「相続等に係る米ドル建保険年金の邦貨換算及び所得計算について」を公表しました(20 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 貸付事業用宅地等による小規模宅地特例の軽減措置については、これを利用した節税策が問題となり、まず、平成30年度税制改正において、貸付事業用宅地等の要件の見直しが行われました。そして、その後、令和元年度税制改正において、「新たに貸付事業の […]

>> 詳細を見る

1.はじめに 人が一人亡くなった場合、その相続の手続きは多岐にわたり想像以上に相続人の負担は大きいものです。 もし、亡くなった方の財産が海外にある場合はどうなるのでしょうか。 例えば、亡くなった日本人の財産がアメリカにある場合、被相続人(亡くなった人 […]

>> 詳細を見る

【相次相続控除とは】 「相次相続」とは、文字通り「相次いで相続が発生すること」です。 短い期間に複数回の相続が発生した場合、財産を取得した相続人の方は、同じ財産に対して複数回相続税を支払うこととなり、負担が重くなってしまいます。 そこで、このような過 […]

>> 詳細を見る

相続が発生すると銀行預金口座が凍結されて、預金がすぐに引き出せなくなると聞いたことがある人も多いと思います。この記事では相続発生後、どのタイミングで銀行預金口座が凍結されるのかを解説していきます。 1.有名人でなければすぐに預金口座は凍結されない 相 […]

>> 詳細を見る

生命保険金は遺留分の対象には「原則」ならない 遺言で相続人が自分の相続分の権利が侵害されていると判断した際には、遺留分減殺請求を行うことができます。 例えば相続人が長男と長女の2人で、遺言に長女に全ての財産1億円を相続させると書いてあった場合、長男は […]

>> 詳細を見る

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る