相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

国税庁(税務署)への相続税の電話相談の方法

2016/02/04

関連キーワード:

国税庁(税務署)への相続税の電話相談の方法

相談内容に応じて電話先は異なる

国税庁には無料の電話相談のサービスがありますので、誰でも電話をかければ税についての基本的な相談にのってくれます。この記事では国税庁(税務署)への相続税の電話相談の具体的な方法を解説します。

国税庁 税についての相談窓口

国税庁(税務署)への相続税の電話相談の方法

これは国税庁のHPにある電話相談の流れです。上記の図に従い、相続税の「一般的な」質問をする方は「1番」→「3番」を押します。

ここでの電話相談センターは相続税についての一般的な質問には答えてくれますが、「個別具体的な」相談については明確な回答をもらえないことがほとんどです。相続税の場合にはグレーゾーンも多々ありますので、これはやむを得ないことかもしれません。

そこで個別具体的な相談がある場合には、直接税務署の職員と話をする2番を押します。そうしますと電話をかけた税務署の職員が直接対応をしてくれますが、結局個別具体的な相談をするためには電話だけでは対応してくれずに、直接税務署に出向く必要性が生じるでしょう。

もちろん自分の身元を明かした上での相談となりますので、もしあなたが税務署に探られたくないことがあるのであれば、直接相談は避けた方がいいかもしれません。税務署では来訪者の記録をとっていますので、怪しいことがあれば逆に調べられてしまうかもしれないためです。

そういった意味では、まず相続税について知りたいことがあれば国税庁の自動音声で「1番」→「3番」を選択して一般的な質問からスタートするとよいでしょう。それでも解決しなければ税務職員と相談できる「2番」を押すか、もしくは有料になりますが税理士に相談に行くとよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

【次の記事】:生命保険金は遺留分の対象になる

【前の記事】:「タワーマンション節税」の相続税評価方法改正

< 一覧へ戻る

今まで見たページ(最大5件)

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る