年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の債務控除の対象になる債務・ならない債務

債務控除を使い葬儀費用でトコトン節税するノウハウ集

債務控除はその名の通り、相続した負の遺産(債務・借金)は相続税のプラスの課税対象財産から、さらに差し引くことができます。

債務控除の大きなポイントは、亡くなった方自身の借金等だけでなく『葬式費用』も債務控除に含まれる点です。

もし、あなたがご自身で葬式費用をご用意されたら、葬式費用+相続税を支払うことになります。
しかし債務控除を使えば、葬式費用を支払った分だけ、相続税の節税が可能となります。

債務控除を使い葬式費用で賢く節税をするためにすべての記事をステップ順にお読みください。

全ての記事を読んだら

・あなたは葬式費用でどこまで節税できるのか
・債務控除を使うために書くべき申告書
・葬式費用を債務控除に適用するために賢く使う具体的ノウハウ

これらすべての知識が身に付きます。

Step.1
相続税に関する債務控除の基本

「何が債務控除できるのか」を知る

債務控除が使える葬式費用と、使えない葬式費用があります。
例えば、お通夜や告別式、領収書のないお坊さんへのお布施は債務控除が使えます。
一方、墓所や仏壇は債務控除を使えません。
「何が債務控除できるのか」正確に知って、節税に役立ててください。

債務控除の基本知識

Step.2
債務控除に関する申告書等への記載方法

債務控除を使うために正確な記載を

相続税申告書を提出しなければ、債務控除を使うことができません。
どの申告書を書けばいいのか・何を書いたらいいのか。
全てを記載しました。

債務控除を適用する際に書くべき申告書

Step.3
債務控除に関するQ&A

「この場合は債務控除使えるのか?」

相続税申告1000件以上する中でよく聞かれた
債務控除についてのよくある質問をまとめました。
これを知ることであなたが債務控除をさらに賢く使えることができ
節税の幅が広がります。

債務控除をさらに賢く使うためのノウハウ

\債務控除の適用対象になるか詳しく知りたい!/

はじめての相続

相続をどのようにすすめたらいいのか?必要な資料はなにか?

相続が発生した方のために相続の全体像と集めるべき資料、絶対に使っておきたい節税に必須の特例などすべての情報を無料で公開。

相続は人生で何度も起こることではなく、また一度経験があったとしても前回の相続から時間がたっているために覚えていないことがほとんど。

専門知識が多く、わかりづらい相続について、はじめての方もわかるようにできるだけかみ砕いて説明しました。

はじめての相続をご覧いただけましたら

  • 相続税申告の全体のながれと進め方
  • 明日からすぐにできる必要な資料と集め方
  • 節税に必須の特例の種類と使用方法。土地、債務、株式など。
  • 安心して相続を任せることができる税理士の見分け方

これらの知識が身に付き、相続を全く知らないゼロの状態でも、明日から相続税の申告のために動き出すことができます。

「はじめての相続税」をみる

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る