相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 京都
    【京都事務所】直通フリーダイヤル0120-575-985
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

生活保護を受給している親族の葬儀、費用はどうなる?香典や戒名も併せて解説

生活保護を受給している親族の葬儀、費用はどうなる?香典や戒名も併せて解説

生活保護を受けている親族が亡くなった場合、葬儀費用はどうすれば良いのでしょうか?

基本的に親族が葬儀費用を出せる際には親族が支払いますが、費用を払えない場合には「葬祭扶助」を申請できます。

葬祭扶助とは一体どのような制度なのでしょうか?生活保護の受給者が亡くなった時の手続きとは?

本記事では、生活保護受給者の葬儀費用について、葬祭扶助の概要と要件、生活保護受給者が亡くなった時の手続きについて解説していきます。

1.生活保護受給者の葬儀費用は親族が負担する?

生活保護を受けていた親族が亡くなった場合、葬儀費用は①親族で出す②葬祭扶助を申請するという2つの方法があります。

厚生労働省・法務省が2021年に公表した「身寄りのない方が亡くなられた場合の遺留金等の取扱いの手引」を参考に、身寄りのないかたが亡くなった時の流れを見ていきましょう。

生活保護を受給している親族の葬儀、費用はどうなる?香典や戒名も併せて解説

引用元:身寄りのない方が亡くなられた場合の遺留金等の取扱いの手引
(一部抜粋)

基本的に葬祭扶助は、身寄りのないかたで葬祭人(葬儀を執行する親族など)がいる、葬祭人が「葬儀の費用が支払えない」ことが前提となります。

葬祭人がいない場合には、地方自治体が火葬・埋葬を行います。

よって親族で葬儀費用が捻出できる際には、葬祭扶助を申請することはできません。親族が葬儀費用を出すことになります。

「親族が葬儀費用を出せるが、できるだけ費用をおさえて葬儀をしたい」という場合は、家族葬・火葬(直葬)といった小規模な葬儀で費用をおさえられることがあります。

また、葬祭扶助だけではなく健康保険組合から葬祭費・埋葬費が支給されることがあります。

国民健康保険の葬祭費は東京都23区では7万 円 です。地域によって支給額が異なりますので、管轄の役所に確認しましょう。申請の期限は葬儀の日の翌日から2年以内です。

火葬料の補助制度がある地方自治体では補助金が支給されますので、併せて確認することをおすすめします。

参考:
亡くなられたとき(葬祭費)|板橋区
葬祭費(国民健康保険)|北区
国民健康保険の葬祭費について教えてください。|中央区

「親族で葬儀費用を出せない」というかたは、以下の葬祭扶助の要件をチェックしてみましょう。

2.葬祭扶助とは?要件をチェックしてみよう

葬祭扶助とは生活保護法に基づき、葬儀費用が払えない人を対象に最低限の葬儀費用を支給する制度です。

金額は地方自治体がそれぞれ上限額を定めており、実際に葬儀にかかった費用に対して限度額の範囲内で葬儀社に支払われます。上限額はおおよそ20万円 前後に設定されています。

葬祭扶助は生活保護法第18条で以下のとおり定められています。

第18条 葬祭扶助は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできない者に対して、左に掲げる事項の範囲内において行われる。

一 検案
二 死体の運搬
三 火葬又は埋葬
四 納骨その他葬祭のために必要なもの
2 左に掲げる場合において、その葬祭を行う者があるときは、その者に対して、前項各号の葬祭扶助を行うことができる。
一 被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき。
二 死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき。

生活保護法より

2項では葬祭扶助の要件として「被保護者が死亡した場合において、その者の葬祭を行う扶養義務者がないとき」「死者に対しその葬祭を行う扶養義務者がない場合において、その遺留した金品で、葬祭を行うに必要な費用を満たすことのできないとき」と記載されています。

  1. 葬儀を執り行う者(扶養義務者)が経済的に困窮しており、葬祭費の支払いができない
  2. 故人が生活保護受給者で身寄りがなく、遺産で葬祭費用を支払うことができない

1・2のいずれかを満たしたときに葬祭扶助が支給されます。

生活保護を受給している親族の葬儀、費用はどうなる?香典や戒名も併せて解説

引用元:鹿児島県姶良市2021年1月「身寄りがない方への支援の在り方ガイドライン」より

ちなみに親族(遺族)が生活保護を受けており、故人は受けていなかった場合には故人の遺した遺留金で葬儀ができない場合に限り葬祭扶助が適用されます。

一方で故人が生活保護者でも親族に葬儀費用が出せる資産があるときには、葬祭扶助の対象外です。故人が生活保護者=葬祭扶助が申請できるという訳ではありません。

社会福祉法人東京福祉会のホームページによると、「葬祭扶助の内訳は死亡の確認(検案)・故人の移動費用・火葬費用・納骨費用となります。セレモニー(通夜・葬儀式等)は行われず、火葬のみのいわゆる「直葬」となります」と記載されています。
参考:生活保護葬について|社会福祉法人東京福祉会

火葬(直葬)はお通夜・告別式をせずに火葬のみを行うもので、参列者は親族やごく親しい人に限られています。葬祭扶助は財源が公費 で賄われていますので、最低限の葬儀費用であることをおさえておきましょう。
参考:生活保護制度の現状等について|厚生労働省

3.生活保護受給者が亡くなった時の流れ・手続きとは

生活保護を受給していたかたが亡くなった際には、役所への届け出が必要となります。

身近な人が亡くなった時の流れに関して詳細は以下の記事をご参照ください。
死亡後の手続きチェックリストと内容解説。期限のあるものに要注意

今回は上記に加え、生活保護受給者が亡くなった場合に必要となる手続きを解説していきます。

  • 役所に連絡・葬祭扶助の申請
  • 葬儀社に依頼
  • 葬儀

3-1.役所に連絡・葬祭扶助の申請

生活保護を受給していたかたが亡くなった場合、役所に受給者証の返納 が必要となります。

役所に亡くなったことを伝え、受給者証を返納します。
死亡に伴う各種手続きのご案内について|名取市

葬祭扶助は「葬儀を行う前」に申請しなければいけません。

役所の保護課もしくは地域の福祉事務所に相談し、申請の手続きを行います。葬祭扶助が適用されるかどうかを確認してから、葬儀社に葬儀を依頼します。

葬儀社に依頼する前に親族同士でも葬儀の内容について確認しておきましょう。

3-2.葬儀社に依頼

葬祭扶助を受ける場合は生活保護葬を取り扱っている葬儀社に連絡し、葬儀を依頼します。生活保護葬を受け付けていない葬儀社もありますので、あらかじめ葬儀社に確認しておきましょう。

事前に葬祭扶助が適用される旨を伝えます。

葬祭扶助を利用しない際には、葬儀社・葬儀プランを比較・検討し、連絡します。

葬儀社の担当者と火葬日時・火葬場・葬儀プランなどの打ち合わせを行います。

3-3.葬儀

生活保護葬の場合は火葬のみとなります。火葬に立ち会いを希望する親族は、指定の日時に火葬場に集まります。

なお待ち時間に発生する費用(椅子代・部屋代など)は 、自己負担となります。

葬祭扶助が適用される場合は葬儀社が福祉事務所に支払いを請求し、福祉事務所が葬祭扶助として葬儀費用を支払います。

参考:生活保護葬について|東京福祉会

3-4.生活保護葬の疑問:香典、戒名…どうすれば良い?

葬祭扶助を受けて葬儀をする際に、香典は受け取ってよいのでしょうか?

基本的に香典は収入とはみなされませんので、受け取っても問題はありません。

また、葬祭扶助の中に戒名に対するお布施の料金は含まれていません。よって戒名を付ける費用は親族が負担します。

4.生活保護受給者が亡くなった場合の遺品整理・相続

生活保護を受給しているかたが亡くなった際の遺品整理と相続についてお伝えしていきます。

4-1.遺品整理はどうすれば良い?

遺品整理は基本的に親族が行います。

生活保護は亡くなった時点で支給停止となりますので、生活保護費を充てることはできません。

遺品整理が何らかの事情でできない場合、役所やケースワーカーに相談してみましょう。

なお遺品整理で売却などを行うと相続で「単純承認をした(相続することに同意した)」とみなされる可能性があります。

限定承認・相続放棄をするかたは、単純承認とみなされる行為にならないように管理をする必要があります。

参考:実家の片付けで遺品整理で重要なこと-相続財産や重要書類の見極めかた

4-2.相続

相続には単純承認・限定承認・相続放棄という3つの選択肢があります。

単純承認は亡くなった人(被相続人)の遺産を受け継ぐことで、手続きは必要ありません。

限定承認と は、相続人が相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務の負担を受け継ぐ手続きで相続人の債務の額が不明であるときに申請されることが多いです。

相続人が被相続人の遺産・権利をすべて放棄することを相続放棄と呼びます。

限定承認は相続人全員が共同で申し出る必要がありますが、相続放棄は単独でも手続きが可能です。

相続を放棄しても、民法940条の規定により遺産の管理義務がありますので注意しましょう。

限定承認・相続放棄を希望するかたは、被相続人が亡くなってから(又は亡くなったことを知ってから)3ヶ月以内に被相続人の最後の住所を管轄する家庭裁判所に申請します。

なお全員が相続放棄をした場合、家庭裁判所が申し立てにより相続財産の管理人(相続財産管理人)を選任 します。

相続に関しては以下の記事もご参照ください。
生活保護受給者死亡時における相続財産の取り扱いと保護費の返還義務
単純承認とは?相続の種類と単純承認になるケースを実例で紹介

相続の手続きが難しいと感じる場合には、プロに手続きの代行を依頼することが可能です。

相続手続きに慣れている司法書士には、必要書類の収集から解約・名義変更手続きまで全てお任せすることが出来ます。

>>【相続手続き専門】司法書士法人チェスター

相続登記を含まない相続手続きであれば行政書士でも対応可能です。
>>行政書士法人チェスター

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る