年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

夫婦同時死亡!生命保険金の受取人は誰?

契約者 保険料負担者 被保険者 受取人

上記の生命保険契約があったとします。
この夫婦が旅行中、不慮の事故で同時死亡した場合、夫の死亡保険金は誰が受取ることになると思いますか?

同時死亡の場合、受取人の契約変更はできませんので、同時死亡した者同士の間では相続は発生しません。
その一方で、受取人を被相続人とする相続が発生します。
したがって、夫の死亡保険金は、受取人として指定されていた妻の相続人が受取ることになります。

妻の相続人とは、この夫婦間に子供がいれば子供へ、子供がいなかった場合は妻の直系尊属(父母や祖父母など)へ、直系尊属がいなかった場合は妻の兄弟姉妹へ・・・といった具合です。

「同時死亡」を考慮する必要性

同時死亡であった場合とそうでなかった場合では相続人が変わってきてしまう可能性があります。

相続発生時にすでに死亡している者には相続権はありませんが、その代わりに代襲相続が生じる可能性があります。(代襲相続とは:被相続人の子、被相続人の兄弟姉妹に代襲相続が認められます。)
配偶者には代襲相続権はないことから、先に死亡した者の続柄によって相続人が異なってくるのです。
したがって、死亡の先後が問題になりますし、死亡の先後が確認できない場合は争いが生じることにもなりかねません。

その為、民法32条の2で「同時死亡の推定」が規定されています。
同時死亡である以上、死亡した者には互いに相続権はなく代襲相続権者にのみ相続権が発生するのです。

≪参考条文≫
民法 第32条の2(同時死亡の推定)
数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡した者と推定する。

 

関連性が高い記事

相続税申告にかかる税理士報酬の相場について

遺産総額の0.5%〜1%が基準!? 相続税の税理士報酬は、昔は「税理士報酬規程」により決まっていましたが、今から数年前に自由化されました。つまり会計事務所が自由に相続税申告報酬を決定できるのです。相続税の申告についての税理士費用は、一般的には遺産総額 […]

税務署への相談での注意点(相続税)

税務署への相談での注意点(相続税) 相続税に関する相談をしたい場合、どこに相談にいくべきかというのは、非常に難しい問題ということができます。 まずは、相続税関連の書物に目を通し、少しでも相続税に関してご自身で理解するよう努めることも重要です。 相続税 […]

税理士の税務相談の費用相場

税理士の税務相談の費用相場 税理士の報酬金額は、報酬規定の廃止により、自由に料金を設定することが可能となりましたが、顧問料にもある程度の相場が見られます。 法人である場合、毎月にかかる費用は3万円から5万円、決算時にかかる費用は20万円程度が目安とさ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る