相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

夫婦同時死亡!生命保険金の受取人は誰?

契約者 保険料負担者 被保険者 受取人

上記の生命保険契約があったとします。
この夫婦が旅行中、不慮の事故で同時死亡した場合、夫の死亡保険金は誰が受取ることになると思いますか?

同時死亡の場合、受取人の契約変更はできませんので、同時死亡した者同士の間では相続は発生しません。
その一方で、受取人を被相続人とする相続が発生します。
したがって、夫の死亡保険金は、受取人として指定されていた妻の相続人が受取ることになります。

妻の相続人とは、この夫婦間に子供がいれば子供へ、子供がいなかった場合は妻の直系尊属(父母や祖父母など)へ、直系尊属がいなかった場合は妻の兄弟姉妹へ・・・といった具合です。

「同時死亡」を考慮する必要性

同時死亡であった場合とそうでなかった場合では相続人が変わってきてしまう可能性があります。

相続発生時にすでに死亡している者には相続権はありませんが、その代わりに代襲相続が生じる可能性があります。(代襲相続とは:被相続人の子、被相続人の兄弟姉妹に代襲相続が認められます。)
配偶者には代襲相続権はないことから、先に死亡した者の続柄によって相続人が異なってくるのです。
したがって、死亡の先後が問題になりますし、死亡の先後が確認できない場合は争いが生じることにもなりかねません。

その為、民法32条の2で「同時死亡の推定」が規定されています。
同時死亡である以上、死亡した者には互いに相続権はなく代襲相続権者にのみ相続権が発生するのです。

≪参考条文≫
民法 第32条の2(同時死亡の推定)
数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡した者と推定する。

 

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

自営業には全くたずさわっていなかったので何もわからず困っていましたが 全てチェスターさんにおまかせしてよかったと思いました。 お手数をおかけしてどうもありがとうございました。

コロナウイルスの緊急事態宣言が出された頃に申し込み、リモートで申し込みから完了まで終わらせることができました。 電車で東京まで行くことに不安があったので、助かりました。 途中の連絡はメールで(電話も)やりとりし、特に不便は感じませんでした。 遠方の者 […]

20代で相続税の申告という周りに話を聞けるような経験者のいない出来事に直面し、ほとほと困っていた所でチェスター様に相談いたしました。税の事に無知な私にもていねいに、誠実に対応していただき。涙が出るほど嬉しかったです。申告期限まで残り3か月というギリギ […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る