相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

夫婦同時死亡したときの生命保険金の受取人はだれ?

夫婦同時死亡!生命保険金の受取人は誰?

契約者 保険料負担者 被保険者 受取人

上記の生命保険契約があったとします。
この夫婦が旅行中、不慮の事故で同時死亡した場合、夫の死亡保険金は誰が受取ることになると思いますか?

同時死亡の場合、受取人の契約変更はできませんので、同時死亡した者同士の間では相続は発生しません。
その一方で、受取人を被相続人とする相続が発生します。
したがって、夫の死亡保険金は、受取人として指定されていた妻の相続人が受取ることになります。

妻の相続人とは、この夫婦間に子供がいれば子供へ、子供がいなかった場合は妻の直系尊属(父母や祖父母など)へ、直系尊属がいなかった場合は妻の兄弟姉妹へ・・・といった具合です。

「同時死亡」を考慮する必要性

同時死亡であった場合とそうでなかった場合では相続人が変わってきてしまう可能性があります。

相続発生時にすでに死亡している者には相続権はありませんが、その代わりに代襲相続が生じる可能性があります。(代襲相続とは:被相続人の子、被相続人の兄弟姉妹に代襲相続が認められます。)
配偶者には代襲相続権はないことから、先に死亡した者の続柄によって相続人が異なってくるのです。
したがって、死亡の先後が問題になりますし、死亡の先後が確認できない場合は争いが生じることにもなりかねません。

その為、民法32条の2で「同時死亡の推定」が規定されています。
同時死亡である以上、死亡した者には互いに相続権はなく代襲相続権者にのみ相続権が発生するのです。

≪参考条文≫
民法 第32条の2(同時死亡の推定)
数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡した者と推定する。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の面談から、丁寧なご説明とご親切な対応で、安心しておまかせすることができました。 ありがとうございました。

拝啓 今年も残りわずかとなってまいりました。 さて、この度の私共の相続につきましては、大変お世話になっており、ありがとうございました。はじめての相続で分からないことばかりでしたが、荒巻さまには、お忙しい中いつも電話で質問に親切丁寧にお応えいただき、心 […]

担当していただいた田代様には大変お世話になりました。第一印象も清潔感があり人当りのよい方だと思いました。こちらの依頼にも丁寧に対応していただき、依頼する上で家族のことも話さなければならなかったのですが、そういったことも安心して相談することができました […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る