年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

生前相続とは

生前相続とは

生前相続とは

生前贈与とは、自分の財産を生きているうちに贈与することです。

それによって受け取る側の人は、相続する金額は少なくなるわけです。

しかし、以前ではその様に生前贈与する人は多くはありませんでした。

なぜなら、生前贈与をすると、贈与税が課せられます。

しかも、その贈与税はかなり高額に設定されています。

ですから、生前贈与すると、例えばもしその金額が控除金額である110万円を差し引いた場合でも1000万円を超える際には、半額の50%が税金として支払う必要があります。

ですから、生前贈与、つまり贈与を行う場合は、年間110万円以下に抑えるか、もしくはしない方が良いというわけです。

しかし、平成15年1月1日から新たに相続時精算課税という制度が設けられました。

この制度を利用するなら、親が亡くなる前に行う贈与、いわゆる生前贈与に対して課せられる税金が大幅に軽減されます。

もしこの制度を利用した場合、贈与する金額が2500万円までは課税されず、それを超える場合でも、一律20%の税率しか課せられません。

一度この制度の利用を開始した場合、それを取り消すことはできません。

関連性が高い記事

孫への贈与による相続税対策

孫への贈与には3年内加算の適用なし 亡くなる日(相続開始日)前、3年以内に贈与を受けた財産については、相続財産に持ち戻されて、相続税がかかります。贈与を受けた財産の贈与のときの価額を、贈与を受けている人の相続税の正味の遺産額に加算するのです。つまり、 […]

墓地の購入は非課税なので相続税の節税になる

お墓は生前に購入しておくのがオススメ お墓や仏壇は、資産として相続税の課税対象になりませんが、相続開始後にお墓や仏壇を購入しても、その費用を相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓や仏壇を購入しておけば、その分財産がマイナスと […]

相続対策で法人化をするメリット

相続対策、税金対策で法人化するとメリットがあると言われていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 1. 所得の分散効果 一番のメリットは、所得を分散できることでしょう。所得税は累進課税となっていて所得が多くなればなるほど税率が高くなり […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る