相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

親族に相続させたくない場合の対策

親族に相続させたくない場合の対策

自分の死後、もし親族に相続させたくない人がいる場合は、遺言を作成すれば、相続させたい人を限定することができます。

ただし、遺言の内容は尊重されますが絶対ではありません。

法定相続人には、遺留分の請求権がありますから、遺言でこの親族は相続人から除外する旨を書いてあっても、もしその相続人が遺留分を請求した場合は、法律で規定された割合分は相続することになります。

なお、遺留分は自動的に分配されるのではなく、申請する必要がありますので、遺留分を請求しなければ遺言どおりに分配されます。

遺留分も請求させたくない場合には、家庭裁判所に相続人廃除の申し立てをすれば、法定相続人から外すことができます。

これは、特例であって、そう簡単に認められるものではありませんが、相続させたくない親族に著しい非行があるなど、相続人廃除の正当な理由がある時に認められます。

この申し立てをする場合には、事前に弁護士や司法書士に相談して準備をしておいた方がいいでしょう。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

正直言って何もわかっていなかった状態の私に、辛抱強く説明、数多いメールなどのやりとりをして頂いて、大変助かりました。 感謝しています。

相続にうかがった際の対応が良く、実際にお世話になってからも手際良くかつ、 わかりやすくすすめていただきました。

大変しっかりとした説明で手続きを進めていただきました。 若い税理士さんでも、会社内で情報を共有しながら、しっかり真摯に対応してくださる感じで不安はありませんでした。 大変感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る