年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

キーワード「小規模宅地等の特例」を含む記事 掲載数 18 件

家なき子特例の見直しと経過措置 〔1〕現行要件 被相続人に、配偶者(別居を含む)と同居している相続人がいない場合、被相続人の居住の用に供されていた宅地等を別居の親族が取得した場合でも相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者の所有する家屋に居住したこと […]

>> 詳細を見る

  平成30年度税制改正において、小規模宅地等の特例の特定居住用宅地等うち『家なき子』の要件が見直されます。 昨年12月公表の税制改正大綱では、家なき子の経過措置の内容は明記されておりませんでしたが、2月2日に国会に提出された税制改正法案に […]

>> 詳細を見る

平成25年度の税制改正により小規模宅地等の特例の適用要件が緩和され、構造上区分された二世帯住宅であっても一定の要件を満たす場合には、その敷地全体について特例の適用ができるようになりました。 ただし、その二世帯住宅について「区分所有登記」をしている場合 […]

>> 詳細を見る

3年以上の同居継続で90%減額 2016年度の税制改正案に、相続税の小規模宅地等の特例の居住用による減額割合が現行の8割から9割減額にまで減額幅が大きくなるかもしれないというニュースが流れました(2015年10月26日現在)。 現行の居住用の小規模宅 […]

>> 詳細を見る

私道に小規模宅地等の特例は使えるでしょうか。 私道にも不特定多数の人が利用する私道、所有者だけが利用する私道、特定の者だけが利用する私道など、利用する人が限定されるケースや、限定されないケースによる違いにより評価方法が異なります。 通り抜けが出来るよ […]

>> 詳細を見る

1.二世帯住宅の小規模宅地等の特例 平成25年度税制改正により二世帯住宅の小規模宅地等の特例が改正されました。改正の内容は下記をご参照下さい。 2. 改正前(平成25年12月31日以前の相続開始案件) 改正前の取扱いは下記の通りでした。 ① 建物内部 […]

>> 詳細を見る

小規模宅地等の特例とは、相続税の計算上、相続人の生活基盤となる宅地の評価について、一定の要件のもと減額が認められている制度です。 活用できると相続の際に大きなメリットとなります。 小規模宅地等の特例を適用できる宅地の1つに、貸付事業用の宅地があります […]

>> 詳細を見る

国税庁は、平成26年1月1日以降及び平成27年1月1日以降に適用される「小規模宅地等の特例」の税制改正項目について、平成25年12月6日付で法令解釈通達を公表しました。その中でも、平成26年1月1日以降の相続から緩和される二世帯住宅等や老人ホームの入 […]

>> 詳細を見る

平成25年度税制改正により、平成26年1月1日以降については被相続人が老人ホームに入所していた場合であっても、「一定の事由」を満たす場合については自宅について小規模宅地等の特例を受けることが可能となりました。 平成25年5月31日に公布されました改正 […]

>> 詳細を見る

二世帯住宅には、小規模宅地の特例(特定居住用)は適用されるのでしょうか。 この問題を考えるにあたっては、二世帯住宅の3つのタイプを把握する必要があります。 1. 同居タイプの二世帯住宅 2. 別居タイプの二世帯住宅(玄関が別で、内部で行き来できない) […]

>> 詳細を見る

1  2  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る