相続税の申告・相談なら年間申告実績2,300件超の
相続専門集団におまかせ

ロゴ

相続税の税理士法人チェスター

相続税の税理士法人チェスター

年間相続税申告件数 2,373件(令和5年実績) 業界トップクラス
【全国14拠点】
各事務所アクセス»

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1.はじめに 小規模宅地等の特例を適用して相続税申告をしたものの、適用すべき宅地の種類について事実誤認があり、納税者が過大申告であるとして更正の請求(税額の減額訂正)をしたものの、税務署側がこれを認めなかったことから、訴訟へと発展した事例をご紹介しま […] 詳細を見る

1.はじめに 令和6年1月25日、東京高等裁判所(第16民事部/土田昭彦裁判長)は「所得税更正処分取消等請求控訴事件」について、一審の東京地方裁判所で棄却された争点に対する、納税者側の請求を全面的に認めました(令和5年(行コ)第105号)。 本事例で […] 詳細を見る

1.はじめに 令和6年3月1日から、戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号) が施行されました。 これに伴い「戸籍証明書等の広域交付」の利用が始まり、どこでも・まとめて戸籍謄本等の請求ができることとなりました。 【出典:法務省「広域交付制度 […] 詳細を見る

1.はじめに 相続や遺贈(以下、相続等)で取得した暗号資産(仮想通貨)は、相続税の課税対象となる財産です。 そして、暗号資産を売却した際に利益(損益)が発生すると、雑所得として所得税が課税されます。 しかし、相続等で取得した暗号資産を相続人や受遺者( […] 詳細を見る

1.はじめに 令和6年能登半島地震により被害を受けられたみなさまに対し、心よりお見舞い申し上げます。 令和6年1月12日、国税庁は令和6年能登半島地震による被災状況等を鑑み、石川県・富山県に納税地のある納税者について、相続税の申告・納付の期限を自動延 […] 詳細を見る

1.はじめに 令和6年1月18日、東京地方裁判所(民事第51部/岡田幸人裁判長)は、「相続税更正処分等取消請求事件」において、相続した非上場株式の相続税評価に係る、総則6項の適用を否認する判決を下しました。 裁判で総則6項の適用が認められなかったのは […] 詳細を見る

1.はじめに 令和5年度税制改正により、NISA制度(少額投資非課税制度)の抜本的拡充・恒久化が図られました。 これに伴い、令和6年1月1日からは新NISA制度が適用されています。 本稿では、新NISA制度の概要や見直されたポイントはもちろん、新NI […] 詳細を見る

1.はじめに ふるさと納税を利用すれば、所得税・住民税の負担が軽減されるだけではなく、豪華な返礼品を受け取ることができるため、近年利用者が増加しています。 実はこのふるさと納税を利用して、相続や遺贈(以下、相続等)で取得した財産を寄附すれば、相続税の […] 詳細を見る

1.はじめに 親が所有していた駐車場を子供が使用貸借し、その駐車場を第三者に貸し出した場合、駐車場収入の帰属は「親」と「子供」のどちらになるのかで裁判となった事例をご紹介します。 一審の大阪地裁の判決(令和3年4月22日)は、駐車場収入は「土地の所有 […] 詳細を見る

1.はじめに 令和5年9月28日、国税庁は「居住用の区分所有財産の評価について」(法令解釈通達)」を公表しました。 当該通達では、新たな居住用区分所有財産(分譲マンション一室)の評価方法や用語の定義、区分所有補正率の適用関係について解説されています。 […] 詳細を見る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

お問合せ

アイコン

0120-888-145

既存のお客様はこちら

受付時間
9:00-20:00

土日祝も
対応可

お電話

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼
アイコン

資料請求

ページトップへ戻る
【予約受付時間】
9時~20時 (土日祝も対応可)

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼