相続税の申告・相談なら年間申告実績2,300件超の
相続専門集団におまかせ

ロゴ

相続税の税理士法人チェスター

相続税の税理士法人チェスター

年間相続税申告件数 2,373件(令和5年実績) 業界トップクラス
【全国14拠点】
各事務所アクセス»

チェスター相続実務研究所

税理士法人チェスターの内部組織「チェスター相続税実務研究所」による相続税実務の詳細解説となります。

相続税実務において、書籍に載っていないような難解な事例のご紹介をします。

※記事の内容はすべて執筆時点の法令に従っております。なお、当該記事の内容を利用して発生した損害等に関して、税理士法人チェスターは一切の責任を負いかねます。

子に対して現金の贈与を行ったが、子は贈与税の申告と納税を失念しているということも少なからずあります。このような場合、税務当局に指摘される前に申告と納税を行いましょう。 本稿では、贈与税の期限後申告における付帯税について整理します。 【前提】 父から子 […]
近年では為替の変動が大きく、為替差損益について所得税がどのように課税されるのか、不安に思われる方が多いのではないでしょうか。 外貨(外貨預金を含む)を取得し、それを円と交換した場合(「円転」といいます。)や、外貨から他の外貨に交換した場合は、その為替 […]
(1)「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」の概要 「被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例」とは、 相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から令和9年12月31日まで […]
近年、核家族化や高齢化社会のもと、夫婦が相次いで老人ホーム等へ入所し、そこで相次いで死亡した場合、子が相続した自宅を譲渡した際に、いわゆる「空き家譲渡特例(措法35③)」は使えるのでしょうか。夫婦が老人ホームへ入居した順番によっては頭を悩ませるところ […]
購入の際に親子で半々の資金を出した不動産を、登記では親1/4・子3/4という持分にした場合に、その親に相続が発生した場合の相続財産について見てみます。 この場合には次のような考え方をすることができます。 ①登記簿の記載が誤りであり、本来の親の持分は1 […]
以下の事情の下、父の相続が開始した場合、税務上どのように扱われるのでしょうか。 ➀ 20年前土地・建物を4,000万円で購入し、持分を父3/4、子1/4として登記した。 ② 購入時の決済にあたっては、子が1,000万円を自己資金で支払い、残額の3,0 […]
「結婚・子育て資金の非課税制度(租税特別措置法70条の2の3)(以下、「本特例」)」を適用することの効果を考えてみましょう。祖父が孫に対して本特例を適用して一括で資金を贈与した場合、通常の贈与税の課税を免れることができます。 しかし、その贈与者が死亡 […]
近年、改正があるある、と言われていた贈与税の改正がついに現実となりました。 相続時精算課税制度に年間110万円の基礎控除が別途設けられた一方、暦年贈与財産の相続財産への加算期間が相続開始前3年から7年に延長されました。改正前と比べて、相続時精算課税制 […]
現行の相続税法第19条において、相続又は遺贈により財産を取得した者が、相続開始前3年以内に暦年課税制度による贈与で財産を取得していた場合には、その贈与財産については相続税の課税価格に算入し、相続税の対象とすることとしています。 ここで言う相続開始前3 […]
相続税の申告期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ケ月と決められています。仮にその日までに遺産分割を行うことが出来なかったとしても一旦相続税の申告をする必要があります。その場合には、相続財産を各相続人が法定相続分で取得したものとして相続 […]

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

お問合せ

アイコン

0120-888-145

既存のお客様はこちら

受付時間
9:00-20:00

土日祝も
対応可

お電話

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼
アイコン

資料請求

ページトップへ戻る
【予約受付時間】
9時~20時 (土日祝も対応可)

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼