年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

遺産分割協議も、法律行為であるため、有効な遺産分割を行うためには、遺産分割協議の当事者全員すなわち相続人全員が有効に『法律行為』を行うことができる意思能力と行為能力を有していることが必要です。 もし相続人の中で認知症の方がいらっしゃる場合で、面会者の […] 詳細を見る

成年後見制度とは、認知症の人や知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、法律面や生活面で支援しようという制度です。これは2000年4月1日に施行されました。 たとえ […] 詳細を見る

不動産を売却して譲渡益がでた場合、その益に対して譲渡所得として所得税が課税されます。 しかしマイホームを売却した場合には、特例により税金負担が軽減される措置がとられています。 大きく以下の3つです。 ①3,000万円特別控除 ②10年超所有軽減税率 […] 詳細を見る

遺言に遺留分の侵害がある場合の申告は相続人にとって、なかなかツライものです。 遺留分とは遺言によっても侵されることのない、相続人として最低限の相続ができる権利のことをいいます。 配偶者と子が相続人の場合、それぞれの本来の法定相続分の半分が保護されるべ […] 詳細を見る

遺産が未分割な状態にあるときの計算方法や未分割であるためのデメリット等をご説明します。 故人に遺言がない場合、相続人の間で遺産分割協議がおこなわれます。 その話し合いがうまくいかず、申告・納税期限である10カ月以内に遺産の全部を分割できなかった場合で […] 詳細を見る

今回は相続税に関してご質問の多い、小規模宅地等の特例の適用についてご説明します。 小規模宅地等の特例は税法や専門書を読むと、その適用要件が複雑に書かれていて分かりにくいですので、ここでは制度の趣旨から簡単にご説明します。なおここでは居住用宅地を前提と […] 詳細を見る

相続税の申告に際しては、葬儀に要した金額は債務と同様に財産の金額から控除されることになっています。つまり葬儀にかかった費用はできる限り債務として控除することで、少しでも税金が少なくなります。 業者に対する支払いの領収証は必ず発行されるのですが、問題は […] 詳細を見る

遺産分割について、相続人間で協議ができないとき、あるいは協議してもまとまらないときは、家庭裁判所の「調停」か「審判」によって分割することになります。 相続人間で協議がまとまらない時は、通常弁護士に相談することになります。 以下遺産分割がまとまらない場 […] 詳細を見る

葬儀後にすることや手続きは実はかなりたくさんあり、大変ですので、葬儀関係のHPや本を参考に、忘れないようにしましょう。 以下に列挙しましたが、かなりたくさんあるのがお分かりになると思います。 ■遺骨を迎える ■花環を飾る ■供花や供物の配列順 ■通夜 […] 詳細を見る

遺産の全部または一部を売却し、その代金を各相続人の相続分に応じて配分する方法を換価分割といいます。遺産のほとんどが不動産である等、個々の財産の価値に差がある場合には、現物分割ではうまく割り振ることができません。このようなときに有効な方法となります。 […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る