年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

遺産分割協議書は特に様式は指定されていません。内容を明確にし、全員が自署、押印(実印)すれば大丈夫です。あわせて印鑑証明書も準備しておくようにしましょう。 また遺産分割協議書のコピーは申告の際の添付書類となりますので、相続の申告が必要な方は、遺産分割 […] 詳細を見る

しばしば小規模宅地の特例が記載されている条文の、「被相続人の居住の用に供されていた宅地等」の解釈が問題となります。 今回のコラムでは、よくある2つのケースについて、それぞれ小規模宅地の特例の適用が可能であるかどうかをご説明します。 <例1>入院により […] 詳細を見る

相続時精算課税制度を選択すると、贈与しても、2,500万円までの財産には税金がかかりません。 また、2,500万円を超えても、一律20%の贈与税がかかるだけです。(ただし、相続発生のときに相続財産に持ち戻して税金が計算されます。)この制度の適用対象は […] 詳細を見る

2009/04/26
相続税法24条

【2010年2月23日、記事掲載内容を変更致しました。】 ついに改正されることになりそうです。相続対策の目玉、相続税法24条。 以下、平成22年度税制改正大綱の要旨です。 定期金に関する権利の相続税及び贈与税の評価について、現行の評価方法による評価額 […] 詳細を見る

2009/04/19
連帯納税義務

連帯納税義務とは、一緒に相続した人のうち、誰かが税金を払えない場合には、その他の相続人で税金を負担しなくてはならないというものです。 ただし、これは税務当局が納税の義務を有する人の資力を調査し、税金を払わせる努力(督促や差押え)をした上で、それでも納 […] 詳細を見る

住宅の購入・改修資金に充てることを条件に、贈与税の非課税枠が現行の110万円から610万円へと、500万円上積みされました。 財産を受け取る人が20歳以上で、贈る人が親・祖父母など直径尊属であることが条件。 一戸建てだけでなくマンションも対象となる。 […] 詳細を見る

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」では、民法特例として、遺留分権者全員の合意の基に、遺留分に算定すべき基礎財産から事業承継に必要な非上場株式等を除外すること(除外合意)と、その非上場株式の価額を固定できる制度(固定合意)が設けられてい […] 詳細を見る

遺産分割協議後に他の相続財産が見つかることもあります。この場合には、原則として、その遺産についてのみ、再度、遺産分割協議を開催することになります。 後で財産が見つかった場合には、再度遺産分割協議書を作成し、追加の相続税申告を行う必要があります。またそ […] 詳細を見る

配偶者が財産を取得した場合、法定相続分までは税金がかからないと聞きました。やはり、どのようなケースでも配偶者は法定相続分まで財産を取得し、残りを子供に取得させたほうが税金は少なくなるのでしょうか? よくこのような質問をお客様からお受けします。 確かに […] 詳細を見る

よく被相続人の生前に、財産を子や孫の名義に変更しているケースが見受けられます。しかし単に名義だけを変更した預金は全て容赦なく、税務調査で指摘されますので注意しましょう。 過去の国税不服審判書の税務関係の訴訟の裁決でも、生前贈与が相続財産に含まれると認 […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る