年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

葬儀後にすることや手続きは実はかなりたくさんあり、大変ですので、葬儀関係のHPや本を参考に、忘れないようにしましょう。 以下に列挙しましたが、かなりたくさんあるのがお分かりになると思います。 ■遺骨を迎える ■花環を飾る ■供花や供物の配列順 ■通夜 […] 詳細を見る

遺産の全部または一部を売却し、その代金を各相続人の相続分に応じて配分する方法を換価分割といいます。遺産のほとんどが不動産である等、個々の財産の価値に差がある場合には、現物分割ではうまく割り振ることができません。このようなときに有効な方法となります。 […] 詳細を見る

相続財産はそのまま法定相続人に法定相続分の割合で分配してもかまいませんが、法律は法定相続分の割合で分配されることを強制しているわけではなく、法定相続人同士の話し合いによって自由に相続財産を分配することもできます。 実際の相続の手続きにおいても法定相続 […] 詳細を見る

相続では、多くの専門家にアドバイスや業務の依頼を行うことになります。 それでは、どんなポイントで専門家を選べばよいのでしょうか? 【各専門家の役割】 ■ 税理士 ・相続に関する税務の専門家 ・相続財産の評価を行う ・税務的側面から遺産分割方法をアドバ […] 詳細を見る

「四十九日法要」とは、お葬式後に初めて行う法要です。葬儀後の最初の大きな法事が、「四十九日」の法要です。この四十九日法要が終わるまでは、葬儀後の手続きや挨拶まわり等で忙しいですが、四十九日法要後は少し落ち着きます。 そこで税金の申告や遺産分割の手続き […] 詳細を見る

相続税申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に提出しなければなりません。 この期限内に申告しなかった場合には、次のようなペナルティが課せられます。 まずは法定期限後に納付したことによる延滞税です。遅れて納付した分について、4 […] 詳細を見る

従来は「遺言」によって財産を誰にどれだけ残すか決めてきました。しかし、遺言では「家祖伝来の土地は長男へ、長男亡き後はその息子へ、その後は・・・」と云うように何代も先まで相続人を指定することはできません。 新信託法では、受益者が死亡するとその受益者の受 […] 詳細を見る

【ケーススタディ3】 ■ 事例 甲社株式は創業者で代表取締役を務めるAが議決権の70%を保有しています。残りの30%は甲と親族関係にないBが所有しています。 Aには推定相続人として配偶者のCと長男のDがいます。Aは将来的にはBに甲社の事業を引き継がせ […] 詳細を見る

【ケーススタディ2】 ■ 事例(前回と同じ) 同族会社の100%オーナーのAには、長男B、次男Cがいます。Aは将来、長男のBに事業を引き継がせたいと思っていますが、Aの所有財産は会社株式(評価額2億円)の他は現金1,000万円のみです。 ■ 対策(後 […] 詳細を見る

【ケーススタディ2】 ■ 事例 同族会社の100%オーナーのAには、長男B、次男Cがいます。Aは将来、長男のBに事業を引き継がせたいと思っていますが、Aの所有財産は会社株式(評価額2億円)の他は現金1,000万円のみです。 ■ 対策(前編) このケー […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る