年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

所得税編

    準確定申告の手続き

    準確定申告の手続き  生前に確定申告していた方は、相続税申告とは別に準確定申告が必要ですが、年金収入だけのケースでも、準確定申告を行えば、還付金を受けられるケースもあります。  所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計 […]

    相続で所得税の申告が必要な場合

    相続で所得税の申告が必要な場合 所得税は、毎年1月1日から12月31日までの一年間に生じた所得について計算をし、その所得金額に対する税額を算出し、申告及び納税しなければなりません。 しかし、年の途中で納税者が亡くなった場合には、相続人が1月1日から亡 […]

    死後4ヶ月以内にすべき『準確定申告』の申請手続き

    『準確定申告』とはなに? 準確定申告の申請手続きは亡くなった方の確定申告が必要になります。 死亡された方の相続人の方が1月1日から死亡した日までの所得を計算しておく必要があり、相続の開始があったことを知った翌日から4ヶ月以内に納税を行う必要があります […]

    準確定申告とは

    準確定申告とは 準確定申告とは、故人が亡くなった年の1月1日から相続が開始された日までの故人の所得について申告する制度のことです。 準確定申告を行わなければならないのは、以下のような場合です。 ・個人事業主だった場合・不動産所得があった場合・給与から […]

    遺産相続で確定申告が必要?

    遺産相続で確定申告が必要? 遺産相続が始まるということは、お身内に亡くなられた方がいらっしゃるということです。 その時点で遺産相続が始まりますが、遺産を相続される被相続人が一定の条件に当てはまる場合は、被相続人の代わりに相続人が確定申告をし、納税の義 […]

    相続した株式の売却

    相続した株式の売却 租税特別措置法39条に、「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」という規定があります。 これは、相続した際にかかった相続税を、その後売却した際の売却収入から差し引くことによって二重課税を防ぐための規定です。 株式売却の際は、一般口 […]

    消費税の準確定申告手続きとは

    消費税の準確定申告が必要な場合 相続が起きた際、死亡した被相続人が個人で事業や不動産経営を行っていた場合に、消費税の課税事業者であったときは、消費税の準確定申告の手続きが必要となります。 被相続人の過去の確定申告書等から、基準期間(相続が起きた年の前 […]

    相続した株を売却した場合の税金

    相続した株を売却した場合の税金 故人の遺産の中には、株式が含まれていることがあります。株式は法律的には株式会社に対する出資者としての地位を意味します。 つまり、株式を保有している場合には、株式会社に対する出資者として会社の経営についての発言権(議決権 […]

    相続予定(遺産分割決定前)の不動産所得は誰のもの?

    相続予定(遺産分割決定前)の不動産所得は誰のもの? 相続が開始してから、どの相続人がどの遺産を相続するかを決めるまでの間、遺産は相続人全員の共有財産ということになっています。 では、分割が決定するまでの間、相続予定の家賃収入などの不動産所得は誰のもの […]

    相続した貸家の家賃収入は誰のものか

    相続した貸家の家賃収入は誰のものか 貸家を相続したら、その家賃収入も当然相続することになるのですが、問題は、相続人が複数いる場合、誰がその貸家を相続するかが決まるまでの間に入ってきた家賃収入は誰のものになるのかということです。 遺産分割が確定しないう […]

    1  2  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る