年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続した貸家の家賃収入は誰のものか

相続した貸家の家賃収入は誰のものか

相続した貸家の家賃収入は誰のものか

貸家を相続したら、その家賃収入も当然相続することになるのですが、問題は、相続人が複数いる場合、誰がその貸家を相続するかが決まるまでの間に入ってきた家賃収入は誰のものになるのかということです。

遺産分割が確定しないうちは、遺産は相続人の共有財産ということになっています。

そして、貸家と家賃収入は別個の財産と考えます。貸家は相続する人が決定するまで保留、その間の家賃収入は、相続人全員が法定相続分に従って分配します。後に、遺産分割協議などで遺産の分割方法が確定したら、貸家を相続した人がそれに付随する家賃収入も全て受け取ることになります。

ただし、遺言があった時に、その貸家を誰が相続するかが遺言に書かれていた場合は、最初から貸家を相続する人が決まっているわけですから、遺言によって借家を取得する人が家賃収入も受取ります。

もちろん、他の財産で分割が決まっていないものがあったとしても、法定相続分による分配はしません。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続した株を売却した場合の税金

相続した株を売却した場合の税金 故人の遺産の中には、株式が含まれていることがあります。株式は法律的には株式会社に対する出資者としての地位を意味します。 つまり、株式を保有している場合には、株式会社に対する出資者として会社の経営についての発言権(議決権 […]

消費税の準確定申告手続きとは

消費税の準確定申告が必要な場合 相続が起きた際、死亡した被相続人が個人で事業や不動産経営を行っていた場合に、消費税の課税事業者であったときは、消費税の準確定申告の手続きが必要となります。 被相続人の過去の確定申告書等から、基準期間(相続が起きた年の前 […]

死後4ヶ月以内にすべき『準確定申告』の申請手続き

『準確定申告』とはなに? 準確定申告の申請手続きは亡くなった方の確定申告が必要になります。 死亡された方の相続人の方が1月1日から死亡した日までの所得を計算しておく必要があり、相続の開始があったことを知った翌日から4ヶ月以内に納税を行う必要があります […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る