年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

国外勤務者の住所と税金

国外勤務者の住所と税金

国外勤務者の住所と税金

相続が発生した際、被相続人の住所がどこにあるかというのは大変重要な問題で、被相続人の住所の所在によっては課税の範囲が大きく変わってきて、支払う税額も左右します。

被相続人の住所が日本国内にあるのか、国外にあるのかによって課税区分が変わります。
それでは、国外勤務者の場合は、どちらに分類されるのでしょうか?

答えは、その人がその後も国外にいる予定がどれくらいの期間あるのかということによって変わってきます。

例えば、国外での勤務が一時的で短いものについては、その人の住所は日本国内であるというふうに判定される可能性が高いでしょう。

そして、国外で駐在する期間が長い場合(長さは一概には言えません)、その人の居住の拠点は国外にあるとみなされ、納税義務者としての区分が変わってきます。

目安としては、国外で勤務する期間が1年以上であれば、国外に住所があると判定されると考えてよいでしょう。

相続がある時点で少しの期間しか経っていなくても、その後も継続して国外にいる予定があるのであれば、住所は国外であると判定される可能性が高いようです。

関連性が高い記事

相続した株を売却した場合の税金

相続した株を売却した場合の税金 故人の遺産の中には、株式が含まれていることがあります。株式は法律的には株式会社に対する出資者としての地位を意味します。 つまり、株式を保有している場合には、株式会社に対する出資者として会社の経営についての発言権(議決権 […]

消費税の準確定申告手続きとは

消費税の準確定申告が必要な場合 相続が起きた際、死亡した被相続人が個人で事業や不動産経営を行っていた場合に、消費税の課税事業者であったときは、消費税の準確定申告の手続きが必要となります。 被相続人の過去の確定申告書等から、基準期間(相続が起きた年の前 […]

相続した株式の売却

相続した株式の売却 租税特別措置法39条に、「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」という規定があります。 これは、相続した際にかかった相続税を、その後売却した際の売却収入から差し引くことによって二重課税を防ぐための規定です。 株式売却の際は、一般口 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る