相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

国外勤務者の住所と税金

国外勤務者の住所と税金

相続が発生した際、被相続人の住所がどこにあるかというのは大変重要な問題で、被相続人の住所の所在によっては課税の範囲が大きく変わってきて、支払う税額も左右します。

被相続人の住所が日本国内にあるのか、国外にあるのかによって課税区分が変わります。
それでは、国外勤務者の場合は、どちらに分類されるのでしょうか?

答えは、その人がその後も国外にいる予定がどれくらいの期間あるのかということによって変わってきます。

例えば、国外での勤務が一時的で短いものについては、その人の住所は日本国内であるというふうに判定される可能性が高いでしょう。

そして、国外で駐在する期間が長い場合(長さは一概には言えません)、その人の居住の拠点は国外にあるとみなされ、納税義務者としての区分が変わってきます。

目安としては、国外で勤務する期間が1年以上であれば、国外に住所があると判定されると考えてよいでしょう。

相続がある時点で少しの期間しか経っていなくても、その後も継続して国外にいる予定があるのであれば、住所は国外であると判定される可能性が高いようです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

近岡さんはもちろんの事、その他の方も電話での応対とかが非常にていねいで、とても満足しています。業務上の事でも、近岡さんが、とても几帳面で丁寧で慎重で、こちらの立場でいろいろアドバイスをして頂いて感謝しています。 近い将来私自身が被相続人になるわけです […]

相続税の申告のプロとして、こちらの意向を十分に踏まえていただき、安心して業務をお願いすることができました。 貴税理士法人に業務を依頼した時期が申告期限まで3ヶ月あまりと、かなり厳しいスケジュールのなかでも、スムーズに進めていただき感謝しています。今後 […]

迅速な対応をして頂き、満足しています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る